グリーンを基調としたかっこいいサドル蒸れにくい真ん中が空洞

VELO(ベロ) サドル RACER SADDLE

痛くないサドル
厳密にいえば、座る位置、ポジションが決まれば痛くない。

 

VELO

 

 

それはどういうことかというと、当サイトで紹介している
痛くないサドルは根本的に本当に痛くありません。

 

ですがこのVELOのサドルは管理人「ルート」経験上、痛かったんです

 

痛かった時は折畳み自転車に乗っている時
重心が前傾でないので、サドルに体重がかかります。

 

単純ですがその為 座っていてもかなり痛くて
20分ぐらいすると、痛さのあまりしびれてきます。

 

ところがドッペルギャンガー590に取り付けると嘘の様に痛くありません、
むしろ座るポジションが重要で、前傾気味のロードタイプや
ブルホーンバーのハンドルポジションになると、

 

このサドルはスッキリしっくりしてきます。

 

 

購入したのは機能より、色目とデザインに魅力を感じてしまったからです。
管理人「ルート」は黄緑を所有していますが、色々な色バリェーションが揃っています。
VELO(ベロ) サドル RACER SADDLE 蛍光グリーン

各色のバリエーションVELOサドル

    

ベロサドル使用経過体験談

 

VELO VELO
後ろから見ると絶妙なカーブがかかっています。
このカーブがポジション決まれば座り心地が良くて、
痛くないサドルのTIOGAサドルは後ろの幅が広いのに対して、
このVELO(ベロ) サドル RACER SADDLEはタイトでありながら座り心地が良いです。

 

VELO

 

VELO
横から見たシルエットです。

 

サドルは他のミニベロに取り付けた場合のイメージ

 

ノーマルはこれです。
VELO

 

サドルだけ変えました。
VELO

 

機能は別として、サドルの色目だけ変えても雰囲気が変わります、例えるなら
ファッションで小物をプラスする感覚に近いです。

 

取り付けたのは
DP590 改造calle

VELO関連ページ

セラSMP
デザインの優れ機能も設計されたサドル座り心地もよく蒸れにくい形
TIOGAサドル
特殊ジェルがお尻の痛みを緩和しショックを吸収する
コンフォートサドル
肉厚から幅広と痛くないサドルの種類は豊富
エアーサドル
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
VELOサドル肉厚
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
絶対痛くない
お尻が痛くないサドルはあります
長いシートポスト
ミニベロに必須な長いシートポストの使用感
WOODman
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
シートポストシム
シートポストの径穴の大きさが合わないときサイズ調整できます
サスペンションポスト
クッションで痛くないシートポストその効果

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先