タイヤを交換するだけで走りは飛躍的に向上

自転車のタイヤをカスタムや交換すると
走行性能は一番実感できるパーツで
多少予算を多めにしてでも
交換またはカスタムすると良いでしょう

 

タイヤの交換に必要な事は
ホイール自体を本体から外し
交換した後戻す作業です

 

取り付け知識
チェーンの調整
ギアの調整
ちょっとした整備の情報は必要ですが
初心者でも3、4回交換すれば
大体理解できます

 

 

ホイールを外す時にポイントとしては
クイックシャフトがあると取り付けが
ボルトより数段楽

画像はボルトタイプ

タイヤ、チューブとホイール
タイヤの太さや溝のデザイン
チューブの種類など
空気圧で快適で早い走りが実現できる

後輪タイヤ外した状態

タイヤ、チューブとホイール
タイヤの交換方法や空気の入れ方
走行経過の状態や体感体験を紹介

タイヤ、チューブとホイール記事一覧

タイヤの側面にある数字が色々あります例:20×1.5020というのはタイヤの直径20インチ1.50はタイヤの幅で同じく1.50インチこの記事は1.50の表記にあるタイヤの幅で比較などしています

色々のタイヤを自転車にはかせて乗ってみた結果たどり着いたのがシュワルベブランのタイヤになりました特に意識することもなくインターネットショッピングでブラウザーをみて選ぶとついシュワルベを選んでいる事に気づきましたカラータイヤを選ぶ時はシュワルベ自体に数少なく他のブランドメーカーえらんでますがKいタイヤについてはほとんどがシュワルベという状態になっていたので所持したタイヤの記録的なパージです

タイヤひとつにとっても乗り心地に大きな影響あり自転車のタイヤ王道ブランドでシュワルベのマラソンというタイヤは走行性はもちろんのこと、耐久性もあり機能面も素晴らしい特に走ったときの地面に吸い付くような感触がありながらスムーズに走り出しも感じますタイヤ自体のゴム素材タイヤ溝カットなど色んな条件が重なりあい自転車のスピード感があがるシュワルベのよく言われるタイヤの取り付ける時タイヤの個体差のねじれ癖があ...

18インチのタイヤサイズ幅は種類が少なく18×1.2518×1.5018×2.003種類が主流になり細身のタイプでスピードを意識したタイヤ交換をします

従来の自転車のタイヤサイズというのは20インチのミニベロ26インチの通常のタイヤサイズともに1.50と1.75サイズが市販や標準装備されているケースが多い自転車のタイヤを細くスピード重視する人と自転車のタイヤを太くビジュアル重視する人に分かれていきます当サイトの管理人「ルートガーデン」も最初は細く1.10や1.25を好んで交換しある時から1.85や2.00のBMX風も面白い思い始めました今回のこの...

ジオスのプルーミノブラウンフレームをブランのタイヤギザプロダクツGP C-948 20x1.1/8ブラウンのTIOGA(タイオガ) ジェミナスオーラ ブラウン コンフォートサドルこの2つのアイテムを組み合わせにしたかったひとまずはタイヤを装着する前にの準備20インチ451サイズで機能よりも装飾チューブとタイヤを並べて必要パーツの確認最初にチューブに少しだけ空気を入る軽くチューブに空気を入れ平な状態...

自転車のタイヤ中身は実に色々な付属品ありパンクしないための重要なのはリムテープタイヤテンションや走行性能に直結するチューブ見えない物から小さい部品のメンテ

画像を見てい頂いてわかるでしょうかホイール取付部分とフロントフォークの幅は企画がそれぞれあり折り畳み自転車の多くはフロントフォークとホイールを固定するエンド幅といのが74mmで折り畳まれコンパクトになるように設計され通常一般的に多いのは100mmですその差を埋める為のパーツを紹介します折り畳み自転車