自転車のパーツやサイズ比較

単体でみるとパーツの違いに
気づかないことがありますが
比べてみると意外にな事に
気付く場合あります。

 

 

見て理解できるもの

比べて一目瞭然なのはタイヤ径
大小ハンドルの形
他はフレームの形外見の内容です。

 

 

 

乗らないと理解できないもの

見た目でわからないのは
フレームの強度や重量
ホイールの回転率
クランクの回し度合など

 

 

目に見えないのは性能が重視になります
その体感を個人の見解ですが
比較のまとめたカテゴリーになります。

比較してみる記事一覧

16インチ、20インチ(406)、20インチ(451)を実際タイヤを並べて比べてみるとその大きさや微妙な違いの理解できます。管理人「ルートガーデン」も今までミニベロを複数所有しているにも関わらず実際に比べて並べることがありませんでした。こうやって自転車現物を並べてみるとそのタイヤの違いが歴然と出てきます違う径のタイヤを横から見るより縦のほうが管理人「ルート」は違いを感じました一番い20インチ451...

自転車のタイヤの幅に違いがあります、その違いは性能から、デザイン使用環境の要素から様々な変化に対応できるように種類があります。今回はその幅、太さにフォーカスしてます。一般の700c、おおよそ28インチの直径サイズで、ロードバイクで一番細いタイヤは0.90という数字でタイヤの横の表記に700c×0.90など表現されています。これは後ろの「1インチ」=「2.54cm」の幅で合わせています。ミニベロのタ...

タイヤの溝の種類によって走行の感触が変わります。シュワルベのマラソンレーサーという一つの商品だけでも違いがありポイントはタイヤ溝のデザイン外見的要素デザインは機能の理由があるので性能的な要素その溝の種類もタイヤ径インチサイズの違いはありますが大きく変わるものから微妙に年式により違うものなどマラソンというタイヤ溝のデザインを画像でご覧ください。   色んなタイプがありますが、管理人「ルート」はシュワ...

タイヤの大きさは実際に比較してみないとわかりません。今まで複数台所有していた管理人「ルートガーデン」なのにミニベロをそろえて写真を撮る機会がなく思い立ったので撮影してみました。これはタイヤと本体になります。違います、並べてみると、フレームの長さや、ホイールベースも違います実際にタイヤの接地位置を意識してみるとホイールベースが長ければ長いほど安定性あり見た目が走りそうでカッコいいミニベロ複数持つ人、...

ドッペルギャンガー202ブラックマックス550インチテゴラ同じ20インチ(406)を横で並べてみましたタイヤはドッペルギャンガー202にシュワルベクレイジーボブ20インチ1.85ドッペルギャンガー550にシュワルベデユラノ20インチ1.10太さの違いがあるので、横から見るとあまり違いはありませんが色の配色やコントラストが楽しめます。どちらの方が見た目の軽さを感じるか黒は見た目の重量が白に比べて1....

20インチ406サイズの自転車を451サイズの直径に合わせる方法ホイールはそのままにしてタイヤを交換するだけで406サイズの直径から451の直径に変わります。そお代表的なタイヤはシュワルベビックアップル【自転車用タイヤ】 SCHWALBE シュワルベ オンツアータイヤ ビックアップル 20×2.00インチ Big Apple オプションパーツ P価格:3073円(税込、送料別) (2016/12/...

自転車のハンドルといってもその種類はかなり豊富にあります。写真でも見てもわかるように大きな分類だけも5〜6種類、その用途とデザインは幅広くそれぞれの機能や特徴使い勝手が分かれます。ドロップハンドル競技、スピード、ポジションに特化した形イメージとしては競輪選手の印象が強く自転車をあまり詳しい人は「あのハンドル曲がっている早いやつ?」という表現をよく耳にしますドロップハンドルの中でも種類がありシャロー...

ステムにはアヘッドステムとノーマルステム(クイルステム)と2種類に分かれます。ハンドル部分を交換頻度が少ない場合はこのノーマルステムを利用する方が取り付けの方法が簡単になります。今回はこのクイルステムの交換すると雰囲気がどのように変わるかのイメージ比較になります。最初はシルバー色にあとはフレームと同じ黒色に交換するとこれもまた印象が変わります。これは同じ型のクイルステムの場合は機能としてはあまり変...

バーエンドといってもその種類と形デザインは様々管理人「ルートガーデン」がグリップと組み合わせてどのタイプが使いやすいか検討してみました。数種類並べてみましたひとまずは左から→右に並べて通常のグリップとよくあるバーエンドの組み合わせ横から見た図では角度など外側から見みた内容安定性について画像でいうなら上から順番に安定性が増えていきます通常のバーエンドは登りの坂の時に握る力を加えるものです

エルゴンノミックグリップミニベロならず、自転車愛好家としては一度は手にするグリップというぐらいロングベストセラーの機能性抜群の手首に優しい自然な角度を人間工学をもとに設計された。エルゴングリップになります。グリップを横から見た状態グリップとはいえ種類は色々あり豊富なラインナップが揃っています。グリップを背面下側から見た状態その代表的なタイプを比較してみました。このエルゴノミックグリップは通常のグリ...

気が付けば白いサドルがこんなに持っていました白いサドルといってもこんなに違いがあるので乗り比べても印象はかなりちがいます持ちついでに各サドルの重量を測ってみました。ドッペルギャンガーエアーサドル431グラムエアーでクッションの硬さが調整ができる特徴のあるサドルですその機能があるゆえに重さが多少でますこれに関してはエアーの機能を重視した視点で購入することをお勧めしますダホン純正サドル462グラムダホ...

色々ミニベロをカスタムしていてなぜか重量、重さをあまり気にしませんでした。そんな時に自転車を折り畳んで持ち運びする機会があった時にあっ!自転車持ち続けると結構重たいと感じたのは軽量な分類に入る16インチ自転車ダホンD7でした。多少カスタムしていても体重計で測ると総重量は11.5kgと数字を知りより重さを感じました。このキッカケから急に重さを意識し軽量にこだわりはじめました。軽量パーツの交換で比較的...

サドルでレディース用とメンズ用とありますこの違いって何だろうと疑問に思う時があり同じメーカで型、デザインで比較したことがなったので今回ベロプラスのサドル比較してみました女 LADYS自転車 サドル VELO ベロ Plush VL4126【パーツ総額8,640円(税込)以上送料無料】男 MEN自転車 サドル VELO ベロ Plush VL3147【パーツ総額10,800円以上送料無料】価格:29...

折り畳み自転車やミニベロにとってシートポストの長さは重要な選ぶポイントの一つと言えます。色々な自転車、シートポストを使用し乗ってみると車種や走るシーンによって選ぶ種類お基準はありますが選ぶポイントとして長さ軽さ強さ長さフレームの形状によって変わりますがミニベロで抑えておきたい長さの基準としては400mmはあれば使い勝手がよいでしょう。一般的に700cや26インチは300mmから350mmが一番市場...

3色の赤、黄、青の三原色フレームカラーを並べてしまいました。気が付けばこの時点での所有台数が8台になってしまい収納に困り気味ですが、この三原色のフレームミニベロは並べて撮影したかった。とにかく自己満足の1枚色々なアングルで撮ってみました手前はイエローフレームGIZAソフトテールの18インチ真ん中レッドフレームダホンD7の16インチ奥はブルーフレームビーバイクの16インチ並べてみるとホイールベースは...