環境社会を配慮した自転車の乗り方

自転車の社会問題から
自転車文化について
自転車がこれからおおくの社会現象

 

社会の認知が強まるような

 

評価が高くなるような

 

マナーも含めて共存しやすい環境を作る目安とした内容で

 

将来的にも千葉の電車に丸ごと自転車が乗せれる
自転車専用車両
社会ができればよいと願う

 

よりよく自転車を広めるための知識や
情報をまとめた内容カテゴリー

自転車から環境視点記事一覧

自転車は排気ガスを出さずにエネルギーを消費せずモーターに次いで移動距離が広い乗り物ですCO2排出ゼロ人力で動くわけですから人間の食べて運動した分が消費される環境破壊はせず環境保護する循環型乗り物としての位置づけもできるでしょうただ車社会の便利さを体験しているので自転車の早さや手間や時間を車と比べるとあわただしい現代社会にはあまり向かないのかもしれませんですが自転車の流行と性能が上がるにつてれ東京や...

自転車を電車の中に乗せる輪行日本の輪行事情では自転車の専用袋を入れて自転車外装部分が出ないようにしないといけませんそこで必要になるのが輪行袋です管理人「ルートガーデン」は輪行する場合は基本折り畳自転車が基本ですその折り畳は最終的にたどり着いたのはやはりブロンプトンですね写真の様にベンチに座って間に自転車が挟めて収納できるの通常の二つ折り自転車でも輪行可能ですがブロンプトンのコンパクトさにはかないま...

自転車夜間点灯についてズバリです夜間または日中でも薄暗い道路見通しの悪い道路を走る時必ずライトを点けましょうライトとベルのアクセサリーのページへ閲覧まずライトを付けないいわゆる無灯火の状態だと交通事故のリスクがはかなり高く車バイク自転車歩行者全てに対して危険な状態になります道路交通法第52条で(夜間)ライトが付いていない自転車に乗ることは犯罪です================第五十二条車両等は、...