女子用の自転車ミニベロ選びのコツ

自転車の販売員をしていた
管理人「ルートガーデン」が

 

女子が実用的に自転車を乗れる
ミニベロを選ぶコツをまとめます

 

画像は164cmの女性で
ジオスミグノン510(165cm〜180cm向き)
ブルホーンハンドルで
フレームとハンドルの距離感が長いので
比較的前傾姿勢です
女性向けのかわいいミニベロ

 

ます自転車は男性のものというイメージがありますが

 

女性もおしゃれに自転車、可愛いミニベロに乗って

 

散歩、通勤、通学、ポタリングしたいですよね

 

走行性能や機能重視というより
デザイン使いやすさが気になります

 

そこでどんなポイントを押さえて
選べばいいかまとめてみました

 

 

 

価格で見るミニベロの選び方

2万円〜5万円のミニベロ>という設定で選びます

 

 

自転車の価格値段は高く上を見ればきりが無く
10万円や100万円以上などあります

 

日本の自転車が普及した事情は
1万円台のいわゆるママちゃりとよばれる
自転車が多く多くの人の自転車価格は
1万円という認識になりました

 

 

先ほど述べたように10〜100万円は必要ないですが
通勤や休日の5〜20キロの距離を走るなら
5万円ぐらいまでの価格であれば
性能のコストパフォーマンス
用途目的のバランスの良いです

 

 

 

管理人「ルートガーデン」が
数十台ミニベロを乗った経験から
選ぶポイントの一つは自転車の
3〜6万円の価格帯といえるでしょう

 

 

勿論知識があったり
2台目はもっといいもをという場合は
予算を増やして購入をおすすめします。
gios mgnon

スカート着用で自転車に乗るかパンツスタイルか自転車に乗るか

服装を基準にして選ぶという方法。

 

スカート着用の場合

ルイガノスカート着用可能なミニベロのようにある
フレーム下がりのデザイン
跨ぎやすいミニベロに絞るのが選ぶコツです。

 

その中で機能やデザインを絞れば迷いなく
失敗が少ないミニベロを選べます
フレームの下がっているタイプを
ミキストフレームといわれる自転車

   
パンツスタイルなら走行重視

 

ロードレーサータイプやダイヤモンドフレームも問題なし。
自転車通勤走行を楽にしたい、距離が10キロ以上ある場合
ダイヤモンドフレームタイプを選ぶといいでしょう。
パンツの丈と着こなしのバランスがポイントになります。

フレーム本体の機能のポイント

近年女性も平均の身長が高くなりましたが
それでも男性よりは低くなるのが現実でしょう、

 

そこで自転車選びのコツとしては、身長に対しての
自転車フレームの長さをあわすということ

特に身長160cm以下の女性には
重要な要素となるでしょう。

自転車のデザイン色目や可愛いアイテム

アイテムにもこだわりたいところいろいろですが、
実際は黒やシルバーなど工業的な色彩が多い自転車

 

最近はカラーものやデザインもが出ました。
そのアイテムもピックアップしたいと思います。
女性でも簡単にできるパーツカラーアレンジのグリップ

 

女性向けのかわいいミニベロ記事一覧

女性が乗りやすい自転車を選ぶ基準は様々ですがデザイン的な観点で選ぶ前に、乗りやすさや漕ぎやすい跨ぎやすいなどの機能的な事をまとめると「フレームのサイズ」と「またぎやすさ」。サドルやグリップなどアクセサリー類はフレーム本体と違い、好みにより変更する事は出来ますが、逆にいうとフレーム本体は変更できないので、最初は知識が無くて分かりにくいのですが、慎重に調べて選びたいものですファッションで例えるなら「フ...