150cmの人におすすめな自転車選び方のコツ

小柄な人向けな自転車を選ぶコツ

身長

150cm
151cm
152cm
153cm
154cm
155cm

に該当するあなたの自転車の選び方

 

初めて自転車ミニベロを購入する時に
デザインや値段で選びますが、
乗りやすさという観点は意外に無視できないところです。
通勤、通学で中距離から長距離で利用するなら
機能性はしっかり抑えておきたいでしょう。

 

 

フレームの長さ

同じ自転車でも実はフレームのサイズがそれぞれあります。

 

新車や店頭に並んでいる
自転車のフレーム部分をみると

 

シールに数字が記載してあり
よく「410」「470」や「510」などの
記入されてあります。

 

身長が低い方は410の
フレームサイズを選ぶと良いでしょう。

 

 

この数字は単純に
フレーム本体の大きさを表していて、

 

370はおおよそ150cm〜160cmに適合

 

470はおおよそ150cm〜170cmに適合し、

 

510のフレームは160cm〜180cmに適合。

 

メーカによって誤差はあるものの
おおよそこのサイズに対して適応身長になります。
なのでフレームには

 

300番台

400番台

500番台

 

3つ数字の目安があるというわけです。

フレームの形

ロード型のダイヤモンドフレームは走行で
ペダルを踏む力が逃げにくい構造なので、
長距離でより競技向きのフレームデザインですが、

 

停車する回数が少なく、
乗り続ける頻度が高い場合や
フレームをまたぐ作業の少ない状況だと

 

このダイヤモンドフレームの形はあまり問題ありません。

 

 

逆に都市部通勤や通学の信号による停止し、
乗り降りの頻度が多いとまたぐ不便さを感じます。

 

あと身長が150cm台の人は非常に乗り降りしにくいものです。

 

 

そこでフレームの選び方はダイヤモンドフレームではなく
スタッガードフレーム
ミキストフレーム、

 

 

簡単に言うとシティーサイクルのような形、
フレームにはパイプの上管と下管があり、
ダイヤモンドフレームは上管が高い、
なのでこの上管が低いタイプを選ぶと
身長が低くても街中で乗りやすく、
跨ぎやすい構造になります。

 

個人の好みもありますが
上管が下がるタイプはデザインが
バランス良いの選びはダイヤモンドフレームより難しいので

 

数を見て2点ぐらい候補に絞ると
好みのフレーム、自転車が選べます

 

サドルとハンドルの高さのバランス

本体のフレームをクリアできれば
乗りにくさはほとんど解消されます。

 

 

あとはシート (座る部分を支える棒)        
      と
ハンドル(手の握り前輪を操作する部分)

 

2つの高さのバランスにより
更に乗りやすくなります。

 

シートが低い位置に設置でき、
サドルの長さ調整範囲が広いと、

 

150cm台の人も乗りやすく、

 

乗りなれない初心者は
サドルとハンドル位置を横らみて
水平の位置にするとストレスなく乗りやすくなります。

 

身長150cm台

身長150cm台関連ページ

自転車を服で例える
自転車選びは服に例えると理解しやすい
女子のファニー
女性よりの自転車ミニベロを紹介
センス重視のミニベロ
女性よりの自転車ミニベロを紹介
スカート着用可能なミニベロ
自転車でスカートが履ける画期的なミニベロ
カラーが豊富
女性の自転車ミニベロを紹介
値段で選ぶ
女性よりの自転車ミニベロを紹介
ビアンキ
女性が好む色合いとデザインのブランドbianchi
UV対策と雨よけ

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先