タイヤ交換

最もメンテナンスする機会の多いパーツ。
タイヤその交換方法を画像付きで紹介

 

交換する時にサイズの確認は必要になります。

 

いろいろ流通しているので表記の違いで
内容は同じ事をいつている場合があります。

 

タイヤサイズ横に表示されている数字

 

仕様の違いで表記の差はあるものの
基本的な理解の仕方として

 

16×1.25

 

16×1.50

 

16×1.75

 

 

タイヤの横にこの様な数字の表記があった場合

 

左の16というのはタイヤの円形の大きさ
直径が16インチ、1インチ約2.5cm
16インチになると40cmにあたります。
ミニベロ16インチと20インチの違い

 

右にある1.5はタイヤの幅にあたり
1インチ約2.5cm
1.5だと3.75cm

 

 

基本はこの組み合わせでタイヤを選びます。

タイヤ交換ブレーキ

タイヤ交換ブレーキ記事一覧

タイヤ交換全版に当てはまることですが、特に細めタイヤは装着にコツと細めのタイヤ独特のクセみたいなものがあると管理人「ルートガーデン」は感じます。その感触は密着感と表現するのがしっくりくると思います。

ビックアップルのタイヤをETOR47−406のホイルに装着ホイルサイズをあまり理解できていない管理人「ルートガーデン」ですがドッペルギャンガーインテルラゴスの550のホイールに色んなタイヤサイズを取り付けてみています。一番最初ノーマルの状態である20×1.25からシュワルベのデユラノ20×1.10という細身そして今回シュワルベのビックアップル20×2.00太いサイズのタイヤを合わせてみました。こち...

ドッペルギャンガー330のロードヨットをドレスアップ黄緑のフレームに対してノーマルは泥除け、タイヤともに黒色でしたが、今回は白を組み合わせていきます。泥よけは事前に取り付けた状態に後輪をフレームに取り付ける作業にはいります。ひとまずは並べえみます。後輪の場合は泥除け固定パーツを後にタイヤと一緒に固定するものの取り付け時には最後あたりになるのでひとまずは外しておく実際に取り付ける前に、チェーンをひっ...

ホイールのブレーキリム部分自転車に乗っていると必ずブレーキをかけるのでリム部分がブレーキのゴムの摩擦により汚れます。そうなるとブレーキ性能が落ちるので安全性が心配。ブレーキ部分は事故を起こさない為にも、駆動系よりメンテナンスに気を使うべき個所になります。ブレーキパットの交換と合わせてする必要があるのはブレーキリム部分の汚れを取る掃除作業です。

タイヤの交換方法で交換前に気をつける事。安全上ご本人の責任のもとに交換することです。チューブおよびタイヤ自体の交換するとき、まず本体フレームからタイヤを外さないといけません全体の作業の流れとしては手順はハブ部分ナットを緩めるチェーンをタイヤから外すタイヤを交換し本体に取り付けるまずタイヤを本体から外す作業を行います。手順はハブ部分ナットを緩める、前輪はナットやハブ部分を緩めればタイヤはほとんど外れ...

使用工具:六角レンチ手の汚れ具合(5段階):★★★  難易度:★★自転車を安全に乗る為に一番重要なブレーキ。その中でも強力な分類に入るVブレーキ(ブイブレーキ)どれぐらい強力かというと、通常一般的多くみられる「カンチブレーキ」と言われるブレーキの仕組みはワイヤー自体を引っ張りベンチに似た仕組みでブレーキがかかるのに対して、Vブレーキはワイヤー自体をひっぱり挟み込むので超強力です。その為強く握りすぎ...

Vブレーキ事態のパーツを外す方法六角レンチ1本で可能ですこれはパーツ部分ではありますが色を意識すると同時に自転車のアクセサリー効果にもつながります。もちろん本体を交換をするとこで性能も上がります。Vブレーキのワイヤーの外し方本体のフレームとつながっている、ワイヤーを外す