ハンドルとグリップ

ハンドルやシフターブレーキ

「ハンドル」と「ハンドルまわり」
形状によって機能もデザイン
も豊富に揃ってますが
基本のパターンは3パターン

ドロップハンドル

     
ロードバイクなど走る系の自転車には
一番よく利用されているハンドルで

 

ハンドルを持つ手の位置が様々な
ポジション選べるのが特徴で効率的な姿勢や
空気抵抗なくし速く走り力が入る
ハンドルデザインで
グリップスタイルではなく
バーテープバーリボンが一般的

ブルホーンハンドル

    
ブルホーンバーとも言う
数年で爆発的に普及したモデル
街乗りに最も適したハンドルで
管理人「ルートガーデン」もとても好きで
よくブルホーンバーのカスタム

 

レースほど前傾を必要としない街乗り
けどハンドルポジションは変えたい
そんな気分にとてもマッチングする
ブルホーンハンドル

フラットハンドル、ストレートバーともいう


シティーサイクル既製品の自転車で
最初に取り付けてあるハンドルに多いが
その機能や軽さ種類は数多く存在
元はマウンテンバイクなどで使われ
握る力が固定しやすく踏ん張れるハンドル

ハンドルやシフターブレーキ記事一覧

ハンドル単体で見るとどのように取り付けるか想像しにくい実際に付けているのを見てみるとこの様なっている事は見れ乗ってみるとその便利さに驚きを感じますカスタムやドレスアップやパーツ交換するだけで元々の自転車の性能をあげる事ができます

管理人「ルートガーデン」がブルーホーンハンドル派でブレーキなどもブルホーン用はあるもののドロップハンドルにあるようなブレーキレバーをつけれないものかと考えてましたで思いついたのがあったのでもともとドロップハンドルのものをブルホーンに交換しますハンドルポジションが少なくなり機能的には落ちるかも知れませんがデザイン重視のハンドル交換カスタムです。

グリップが持ちやすいかで..ハンドル操作もかなり変わっていくグリップを交換するだけ自転車の運転で肩に無駄な力が入らなかったり同時にハンドルの角度と高さを調整すれば更に運転が楽になります体の接着するパーツは運転に直結するようなアイテムなのでより良い物お取り付けると運転のグレードが上がります

ハンドルポジションを簡単に変更できる便利なツール短いものから長いもの軽いも、延長を目的としたものドレスアップ見た目もさながら機能も変わる自転車の主要パーツの一つです

長身の人がミニベロを乗る時に陥りやすい問題。それはホールベースの長さ=操作時のポジションです、小径車は小さい分コンパクトに仕上げられています。175cmの男性が乗る場合は日本制のミニベロは少し狭く感じます、海外制なら日本人の体型に対して余裕はあるものの、自転車の値段など手ごろに仕上げたい場合は日本制が安いケースが多くそれを手にしがちです、けどハンドル幅が狭く操作しずらい、その狭さを解消したものがハ...

折り畳み自転車のハンドルステムが取り付けれるタイプです伸縮できてなおかつステムが取付自由という利点折り畳みレバーの状態は画像の通り一般的に普及している折り畳みレバーなんですが持ち手のデザインが特徴的固定されているのフックが引っ掛かりそこが固定に部部になっていますレバーをさらに倒しこんでフックが外れるようになるまで倒しこみ画像のフック形状を見れば分かりますがあるポイントになると自然とステムレバーがた...