ブルホーンをドロップハンドル風にカスタムする方法

ドロップからブルホーンとデュアルコントロールレバー

管理人「ルートガーデン」が
ブルーホーンハンドル派で

 

ブレーキなどもブルホーン用はあるものの
ドロップハンドルにあるようなブレーキレバーを
つけれないものかと考えてました

 

 

で思いついたのがあったので
もともとドロップハンドルのものを
ブルホーンに交換します

 

 

ハンドルポジションが少なくなり
機能的には落ちるかも知れませんが
デザイン重視のハンドル交換カスタムです。

デュアルブレーキ取り付け位置の比較

デュアルレバーの取付
ブルホーンハンドルでデュアルブレーキシフトレバーを使うとき。

 

一般的にはハンドルの下の部分に取り付けるのが
よく目にする光景ですが、

 

 

管理人「ルートガーデン」は
ドロップハンドルの状態と変わらない。

 

 

ブルホーンバーとデュアルブレーキレバーの
バランス持ちたかったんです。
それが
このようになりました

 

デュアルレバーの取付 
レバーだけ見るとこれはどのようになっているか
わかりずらいので、手を加えてみました。

ブルホーンとデュアルレバー

実際取り付けてみるとこれが
ドロップハンドルのときよりしっくりきます。
この自然で安定感ある取り付け具合。

 

 

何もしない状態のレバーブレーキ位置
デュアルレバーの取付

 

 

ブルホーンで気を付けるポイント
デュアルレバーの取付

 

写真でも理解できるとおもいますが
ブレーキをかけたと時にハンドルに当たらないよう
取り付け位置を気にする必要があります。

 

デュアルレバーの取付 デュアルレバーの取付

 

デュアルレバーの取付

 

これをバーテープを取り付けるもよし。
ロングのグリップも良しといったところでしょう。

  

デュアルレバーの取付関連ページ

比較ハンドル
色々な種類のハンドルとその比較ポジションで機能とデザインも変わる
バーエンド
小さいアイテムですが大きな機能の効果があるグリップ
シフター強引な取付
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
シフター取付
良いシフターギアを取り付けると変則がスムーズでスピードが落ちない
ハンドル種類
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
グリップ
グリップを交換するだけで乗り心地がかなり変わります
ステムの種類
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
ステム サトリ
ハンドルの角度と長さで機能とデザインも変わる

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先