自転車の折りたたみ方

最初に折り畳み自転車を購入する時

 

折り畳める=便利という
イメージを持ちます

 

折り畳む場合はまず
折り畳み方法を知らなければ
宝の持ち腐れになり

 

各メーカー、各デザイン、各インチによって
微妙に畳方が違う場合あるので
一つ一つチェックが必要

 

一番スタンダードなフレームのセンターで
文字通り折り畳む形式の2折りが
一番普及しています

 

この方式は歴史が長く製法が楽なので
コストパフォーマンスが優れています
と同時通常の自転車に比べると
真ん中で切れている状態なので
強度は弱くなるのは当然ですが
街乗りレベルならまず問題ありません。

 

他にBD1のようなフレームは折り畳まず
タイヤを収納する折り畳み自転車というか
収納型の自転車はフレームの強度は保ち
収納力を横に広げず縦に収めたタイプ

 

半折り畳み、半収納型自転車
フレームとタイヤ部分はそのままで
ハンドルが畳める、サドルを取り外して
高さの収納をしたタイプの自転車

 

各折り畳みのポイントをまとめたカテゴリー

折り畳み自転車畳む方法とフレーム記事一覧

一般的なフレームのセンターで折りたたむタイプ有名なのはダホンは折り畳み自転車専門で普及率が多くシェアも広いメーカーの一つです折りたたむポイントはハンドル畳むサドルを低くするフレームを折るこの3点です

同じ折り畳み自転車でタイヤサイズ16インチ、18インチ、20インチの違いで印象が違う何点か折り畳み自転車を所有していますが16インチと20インチを比べるとやっぱりタイヤサイズが小さいミニベロが折り畳みに適しています。折り畳み自転車の特徴としては畳んだときのコンパクト開いた時に通常の自転車の性能をキープこの2点が最も重要になることでしょう。折り畳み自転車は都心の街乗りではあまり必要としませんなぜなら...

自転車の基本とも言えるフレームですフレームは自転車の軸なのでフレームから組み立てれば自転車の構造がほとんど理解できそして応用もできるのでなにかと便利な知識身についていきます