必ず選ぶ一つの折り畳み自転車ブロンプトン

自転車ミニベロの中でも
比較的お値段高目の高価なジャンルに入りますが
沢山ある自転車のなかで
一番コンパクトになる折り畳み自転車

 

ブロンプトン

ブロンプトン
画像でもあるようにキャリアーとしてい自動可能です
通常の折り畳み自転車はほとんど二つ折りが基本で
持ち運びというより収納重視の畳方で
Brompton降りた時に畳方の構造が全違い
折り畳みながら運ぶ為に作られた
自転車といってもいいでしょう

 

 

折り畳みますがホイールベースや
そのスピード感は
26インチやクロスバイクにもひけをとらない
走行性能も備えています

 

 

細部のこだわりを一つ一つメンテナンスしながら
純正パーツから交換していく

 

ブロンプトンの管理人「ルートガーデン」の好みに
ドレスアップカスタムするカテゴリーです

 

確認していくと本当に部品の細部のこだわりが詰まっています

ブロンプトン記事一覧

16インチ1.35インチのサイズ管理人「ルートガーデン」はこのサイズ感がほしかったのですが1.35というの幅のサイズは16インチ306のサイズはなく16インチ349のブロンプトンのサイズのみになりますブロンプトンを購入してタイヤ交換しましたアマゾンで購入マラソン 16×1.35 クリンチャータイヤ楽天で購入シュワルベ(SCHWALBE) ミニベロタイヤ マラソン 16×1.35(349) ブラック...

純正のサドルから自分流に交換する方法折り畳みの構造上シートポストを抜かなくてもサドルの交換は可能ですが学びのためにシートポストを取り外すところもしておこう取り外した状態のシートポストの先端シートポストを完全にフレームから外すこの状態が完成第一段階シートポストを下から取り外していきます通常のシートポストのほとんどは上から抜いて鳥はすしますがBromptonは下から抜きますその理由としては写真でも確認...

ブロンプトン純正のシートポストはいわゆるステンレスカラー金属色ですがフレームの黒と合わせて黒いシートポストに交換してきます基本的な方法はBromptonサドル交換と同じになります唯一純正のシートポストは下からでしかフレームから抜けにない事通常のアルミニウム合金 550mm 31.8mm ブラック シートポスト326gの軽さで少しは持ち運びに軽減するのではサドルにいきなりつけてみました黒いシートポス...

ブロンプトンエムハンドルをライザーバーに交換してポジションを変更してさらにコンパクトにできるアイテムとしてカスタムこのバーエンドがハンドルの画像がいきなり来ますがこいつがとても威力を発揮しますアマゾンでFOGLIA(フォグリア) バーエンドバー購入軽さは126gと軽量なのでパーツ足してもストレスにならない重さ絶妙な長さ8cmバーエンドこの長さというのがなんとも言えない絶妙な長さで長くもなく短くもな...

届いた状態は梱包はされてましたこんな薄いパーツでキャリーの機能果たせるかなという疑問を感じながら開封重さは42グラム軽いAceoffix イージー ホイール Brompton折りたたみ自転車用 Easywheel交換前のウィルは破損しまくりましたマイナスネジを利用してキャリア取り外しプラスチックのウィルなので管理人「ルートガーデン」はかなりの頻度で輪行を利用してすぐに割れてしまいました取り外すとな...

純正のキャリアから軽量化されたキャリアにパーツカスタムブロンプトン純正のキャリアに比べると短めです荷物を載せるというよりも輪行のためキャリアですまずスッキリしているのでデザイン的には問題ありませんむしろタイヤとのバランスが良いの純正よりも気にいってます反対側から見たキャリア装着したブロンプトンこうやって改めてみるとウィル(キャリアのタイヤ)部分が綺麗に平行になっているが分かります取り付け方法はまず...

ブロンプトンにカバンをつけれる専用の工具があります今回は専用でなくてもカバンをハンドル部分に固定できる方法を見つけました特にブロンプトンでなくても他の自転車やミニベロにも適応できる方法になりますカバンは特定されますがわかりやすいタイプのカバンとしてはビジネスバックの3WAYタイプでショルダーのストラップがひっかけれるDカンが二つあるカバンであればどれでも大丈夫例えばこのタイプ3WAY ビジネスバッ...

すっぽりかぶさるブロンプトンの輪行袋管理人「ルートガーデン」はいつもあ〜もう少し早く買っておけばよかったとなかなか踏み出せない状態がありいざ買ってみるとなぜ早く買わなかったのばかりそれぐらい「しっくり」「すっぽり」収まります実は後ろのジッパーが脱着を楽にさせる輪行ポイントこれは完全装着の状態ですが画像fでお分かりになるでしょうかサドル部分からスタートしています画像は開ける途中ですが閉める時も同様な...

ブロンプトンの純正ライトは重いのとスぺスが大きので取り外してみ事にするライトを本体から解体してライトのパーツのみパーツ自体は意外に少なくタイヤの摩擦で回転する発電駆動機と前輪ライトと後輪の後輪の赤灯ライトフェンダーのナットを取り外してライトを外すナットで固定さてれいるのでモンキーレンチを使いナット外すこの状態で泥除けは外れますひっかかっているので緩むと必然的に外れますこの時にカンチブレーキも外れる...

L タイプ フック Brompton専用パーツ一見見るとなんだろうこのパーツという疑問抱きます大したことのない部品の一部ですが装着するととても重要なパーツになります画像では大きく感じますが実際は小さいパーツです一見見た目だけではどんなことに利用できるパーツか分かりませんが折り畳むときにはとても重要なパーツに当たります小さいパーツですがデザイン的にファッションポイントになるので何色にするかどんな素材...

東京御徒町にあるカフェ御徒町eggbabycafeコンクリートの打ちっぱなしと扉が木枠の素材は良くあるものですがモダンな組み合わせと看板がとても映えますブロンプトンのメリットは置き場に困らないというのが特徴通常の自転車は折り畳めないので車輪も大きいのでどうしても場所を取りますその点ブロンプトンは写真のような後輪を畳んで停めるのが主流なのでこの時点でコンパクト管理人「ルートガーデン」はサドルを茶色に...

何となく自転車駐輪場に入れずにコインロッカーにブロンプトンが入るのではという思いと都内だと自転車の駐輪場はありそうで無いのが実情今回は新宿西口もう駐輪場が無い無いふとコインロッカーが目にとまったのでブロンプトンを折りたたんでコインロッカーに実際入れてみましたいや〜入るものだなと感心です画像であるあるようにサドルを抜かないと入りませんがそれと合わせて自分のカバンも入りました結構すごいな感心コインロッ...