ブロンプトンの軽量化キャリア

ブロンプトンを軽量化するのに
本来はキャリア荷台は必要ありません

 

ですが管理人「ルートガーデン」のように
輪行を主流とした人にとっては
ブロンプトンのキャリーは移動するのに
必須のアイテムとなります
いかに最小限に抑え
パフォーマンスあげるか
DIYも少し取り入れ工夫したキャリア交換

ブロンプトン互換性軽量キャリア

Bromptonキャリア軽量化
Brompton純正キャリアから軽量化の為
購入した互換性キャリア
ブロンプトン純正のキャリアに比べると
短めです荷物を載せるというよりも
輪行だけに特化したキャリア

 

リアキャリアの取り付け全体像

Bromptonキャリア軽量化
まずスッキリしてデザイン的には問題なく
リアタイヤが少し飛び出ているところが
バランスが良く純正より個人的主観で好ましい

 

キャリア装着後ブロンプトン全体像

Bromptonキャリア軽量化
改めてみるとウィル(キャリアのタイヤ)部分が
綺麗に平行になっているが分かります

 

それでは実際に取付けていきます
まず純正のキャリアを外しからスタート

 

Brompton純正キャリアを外します

Bromptonキャリア軽量化
純正のキャリアはみると重厚感あり
荷物も乗せれる様に設計もされている
純正のライトも取り外していてスッキリ

 

Bromptonキャリア軽量化

 

ブロンプトンキャリア取外ネジ部分 その1
リアフレームダボネジ

Bromptonキャリア軽量化
フレームダボがあるので
タイヤ部分ここはスパナを使用
このホイール中心部のネジで
キャリアが固定化されます

 

 

小さいスパナがでサイズが合えば回します

Bromptonキャリア軽量化
スパナサイズは8mmサイズのネジ使用
ラチェットタイプのスパナあるとそれも便利

通常のモンキーレンチで取外し

Bromptonキャリア軽量化
どのタイプのスパナでも外側に面しているので
利用はしやすいので手持ちあれば大丈夫

 

キャリアのタボが完全に外れます

Bromptonキャリア軽量化
ナットが外れるとブレーキ部分だけで
固定でされているのであまり動かさない様に
作業進めます

 

 

ブロンプトンキャリア取り外しその2
リアフェンダー固定部分のネジ取り外

Bromptonキャリア軽量化
地味についているフェンダーのネジは
固定や自転車自体を支える箇所ではなく
フェンダーだけを支える為のネジ

 

この部分は非常取り外しにくい
ネジのパーツ部分ですが
緩めるだけで外れます

 

 

ブロンプトンキャリア取り外しその3
リアブレーキの固定部分のネジ取り外

Bromptonキャリア軽量化
ブロンプトン特徴的な畳んだ時に
開かないようにする為の
シートポストを固定する
ブレーキ部分のナット
こちらもスパナを使用します

 

 

Bromptonキャリア軽量化
スパナを回すとフレームが
当たるのでこまめに回しては外し
回してはまた外しの繰り返しをして
ある程度回すと

手の力でも回ります

Bromptonキャリア軽量化
ブロンプトン特融のパーツで
折り畳みが開かないようにする
サドルを固定するパットと
いえばいいでしょうか
そのパーツが手の力でも
取れると後は簡単

 

まもなくキャリアが取り外せます

Bromptonキャリア軽量化
キャリアの構造で固定部は
主にフレームのセンター

 

リアブレーキ部分の1点

 

リアハブギア付近タボ左右2点

 

計3点の固定がほとんど外すと
キャリアパーツがすべて取れます
Bromptonキャリア軽量化
純正キャリアはこれですべて外れ
軽量化のキャリアを取り付けていきます
ここからカスタムや交換が始まります

 

ブロンプトン軽量キャリア取付け開始

Bromptonキャリア軽量化
完成図もう一息作成に進んでください

 

ネジの紛失などには気を付けてください

Bromptonキャリア軽量化
ネジの種類が結構多いので
何か小さな箱などで保管するのが良く
画像の様に床にぶちまけは辞めた方が

ブロンプトリアキャリアを二つ比較

Bromptonキャリア軽量化
軽量キャリアの違い
ブロンプトン純正キャリアは
輪行と荷物を載せる為
複数の機能すで大きく作られ
Bromptonキャリア軽量化
ひっくり返すと支える為の棒が
純正キャリアは4本に対し
軽量キャリアは2本の状態

 

純正は荷物をゴムバンド固定の為
フックが数か所
軽量キャリアは輪行だけに特化

 

そのポイントも大きな違い

ブロンプトンキャリア重さの差338グラム

Bromptonキャリア軽量化
ブロンプトン純正のキャリアは
重さ529グラム(529g)
しっかりした作りで重さは理解できます
素材はおそらくスチール(鉄)で
比重は重く荷物も積めるタイプ

 

 

ブロンプトンのキャリア軽量化
Bromptonキャリア軽量化
ブロンプトン対応
軽量キャリア191グラム(191g)
素材はアルミで荷物を積む機能は
皆無で輪行するために
特化してるともいえます

ブロンプトン軽量キャリアの取り付け

Bromptonキャリア軽量化
構造がシンプルなので置いてみて
すぐに取りる事が可能です

 

こんな感じと仮置きしても
すぐに取り付け可能なことがわかります

 

全体的にキャリアがコンパクトになります

Bromptonキャリア軽量化
このキャリアの固定ポイントは2点
@キャリパブレーキのタボ
Aリアフレームのタボ×2

 

全2か所(3ボトル)

 

@キャリパブレーキ固定するタボ

Bromptonキャリア軽量化
スタンダードにどの自転車でも
固定できる箇所でフレームなので
最も強く固定される場所
自転車車種によっては
シートポストだったりします

 

 

A固定ポイントはリアのタボに合わせる

Bromptonキャリア軽量化
このリアフレームタボ(ネジ穴)の
固定がある事によってキャリアの
強度や安定性が増します

 

ブロンプトンの場合はキャリア機能よりも
輪行してコロコロ転がし運搬や移動が
メインの機能になるので
リアフレームのタボ(ネジ穴)固定は
前方とのバランスで必須になります

 

 

キャリアをネジで固定する
Bromptonキャリア軽量化
画像から見てもわかるように
Bromptonキャリア軽量化

 

キャリアタイヤのバージョンアップ

Bromptonキャリア軽量化

 

ブロンプトン純正キャリアのタイヤは小さく
コンセプトのできるだけコンパクトにする事には
理にかなっています

 

しかしカート状態で日本の道路段差があると
タイヤがある程度大きくないと輪行しずらく
画像のようなしっかりしたタイヤを取付けます

 

Bromptonキャリア軽量化
M5の5ミリ幅サイズのネジであれば
回せるのこのキャリアの規格は6mmの
と六角レンチで固定
このウィールタイヤによって
輪行をより楽にさせてもらえます

 

ブロンプトン軽量キャリア装着完成

 

Bromptonキャリア軽量化

キャリアフレームタイヤ部分補強

Bromptonキャリア軽量化
キャリア後ろ辺りにウィールタイヤ
取り付け箇所に長いボルト差込部品追加

 

軽量フレームに輪行スタイル時に
キャリアフレーム補強で使い
ボルトを軸にウィールタイヤを付けると
キャリアフレームの負荷が分散して
フレーム割れや曲がりが無くなります
それが下の画像折れた状態

色違同型軽量キャリーにこのような現象

Bromptonキャリア軽量化
タイヤ付けるタボ部分が折れました
小さいサイズのウィールタイヤなら
折れる事が無いのですが
管理人「ルートガーデン」は大きな
スケートボードより大きな
ウィルタイヤを使用しており

 

BromptonやORIBIKE折畳み状態
は右側重心で著しく右側に負担が一点集中

 

その為土台ごと無くなり結果カートや
転がすウィルタイヤを固定できず移動不可能

 

タイヤを付けなければ
通常のキャリーとしては利用可能ですが
Bromptonに関しては折畳んだ状態で
カートの様に持運び転がすのかポイント
その折れを軽減したのが

 

キャリー穴直径は6mmM6ボルト

Bromptonキャリア軽量化
長いボルト規格サイズ250mm
150mmあるがキャリアフレーム幅は不足
丁度200mmがあればサイズは適合だが

 

見た目おしゃれではありません
しかし右重心偏り対応し強度は格段にあがり
輪行も100倍スムーズ
DIY的な方法で補強ボルトも追加します

 

折り畳んだ時の右重心を緩和

Bromptonキャリア軽量化
画像の右側を少し延長しています
Brompton専用互換性の延長アイテムはあります↓

 

管理人「ルートガーデン」はリアと両方共に
補強できればという事でDIYを採用していますBromptonキャリア軽量化
M6直径6mmのボルトに対して
長さ調整する金具があり
右傾きの補強に使います

 

 

Bromptonキャリア軽量化
外側は通常の六角ナットだと
走行時の振動で自然に外れ
キャリアタイヤ落下防止の為
滑り止めのナットを使用

 

どれぐらいの突き出しにするか

Bromptonキャリア軽量化
横からの画像だと分かりにくいですが
Bromptonを折り畳み時
前輪のタイヤと重なる位置に
キャリーのタイヤが来るのが理想的です

 

そうすると右傾きのバランスも綺麗にとれて
カートを押した状態だと負担も少なく
進行方向も直進していきます

 

Bromptonキャリ突き出タイヤ位置縦画像

Bromptonキャリア軽量化
縦からの画像だと突き出し位置が明確で
小さい目の軽量キャリーを使ってもカートとしての推進力や直進性が充分に得られます

 

 

通常の長めキャリー取り付けパターン

Bromptonキャリア軽量化
軽量の小さいキャリーでなくても
通常のタイヤが隠れる長目の
標準キャリアにも応用でDIY的カスタム可能

ネジ式なのでキャリアフレーム回し差込

Bromptonキャリア軽量化

 

 

ボルトをねじ込みに回す作業が一番長い

Bromptonキャリア軽量化

 

 

 

Bromptonキャリア軽量化

 

安定感を感じれる折畳み状態のキャリア

Bromptonキャリア軽量化

安定感抜群のブロンプトンキャリア

 

軽量かつ構造強なキャリア
Bromptonキャリア軽量化
一番シンプルでかつ固定箇所の

ブロンプトンにリアキャリア取付画像

Bromptonキャリア軽量化
このタイプはフレームのウーィルタイヤの
取付部分に直接固定する事で安定感抜群

 

Bromptonキャリア軽量化