リカンベント

リカンベントの寝転んだ状態

 

ソファーにもたれかかった状態

 

一般的な自転車の姿勢と違い

 

斬新な自転車の乗り方ができる

 

リカンベント

 

最初は初めてのバランス感覚なので
乗りにくいと感じるかもしれませんが
慣れた後に、乗りこなすと

 

その開放感や見える景色の違いが
あまりにも感激するのでついクセになります。

 

管理人「ルートガーデン」はその感覚が忘れれなくて
一度リカンベントを手放しましたが、
再度購入してしまいました。

 

日本の場合は、値段と置く場所が問題点になりますが
その2つをクリアすれば是非購入して、乗ってみてください。
びっくりするぐらい感動します。

リカンベント記事一覧

自転車からクロスバイククロスバイクからミニベロミニベロからリカンベント乗りたいもの好きなものを追い求め気がつけば、ミットシップのサスペンション付きプログレッシブリカンベント欲しかったこの車種リカンベントバイク以前セミリカンベントのS17を乗っていましたがリカンベントともなると姿勢が全く変わります。セミリカンベントの乗車姿勢リカンベントの乗車姿勢最初に乗るときはご注意を管理人「ルートガーデン」も一度...

リカンベントのフロントのタイヤがパンクして応急処置でシュワルべのクレイジーボブが付いているホイールを取り付けました。ホイールの取り付け部分エンド幅が100mmなので横幅のサイズさえ合えば正規品についていたホイールでなくても走ります。そしてクイックレバーでの取り付けはとてもも楽です。リアは黒いタイヤ、フロントは白とバランスは悪くはないと思いますこうやって全体を見ると、タイヤがホワイト白いタイヤは見た...

リカンベントでないと無いパーツや共通のパーツなど取り付け方カスタムすると時にできるかが気になるところです簡単にいうと8〜9割は充分適応できますリアギアやリアタイヤは通常通りという感じですね。しかし画像にはないチェーンが長いのでチェーンカバーがなどがリカンベント特有なものになりますチェーンがとにかく長いです、約2台分つなげています。これは通常のチェーンをつなげば解消できますね。

リカンベント寝そべる自転車日本にはまだまだ普及されておらず町で走っていても目立ちますプログレッシブ(PROGRESSIVE)のメーカースタンダードのジャンルに入る車種でハイレーサーという比較的車高が高いので通常の自転車と目線がそこまで変わりません法令で定められている全長190cm以内幅60cm以内なので通常の自転車と扱いが同じ基本は車道の緊急や状況によって歩道の走行が定められてます確かに縦から見る...

リカンベントの組み立て今までミニベロはフレームから組み立て経験あるものの実際にリカンベントを組み立ててみると結構手間はかかりますこの状態からのくみ上げおそらくですが通常のミニベロや自転車を乗っている人からすると不自然きまわりない形サドルの変わりになるフレームの長さ合わせ寝そべりながら漕ぐスタイルのリカンベントはペダルが前方にありますその為にシートポストというものが存在しませんその代わりにフレーム自...

前輪駆動リカンベント折り畳み自転車タイヤサイズが20インチ451で26インチの後輪大径に比べて後ろの車高が下がるので自然とミットレサーの位置になり低くなりますフォルムバランスはやっぱりリカンベントはカッコいいですね乗車した状態が綺麗に体伸びるところもリカンベントの魅力です後ろから斜めから見たリカンベントを乗っていると感じる事があって前後異径のタイヤサイズは通常のミニベロよりリカンベントの方がデザイ...

お尻が絶対に痛くならない自転車リカンベントバイクプログレッシュブ、おそらく今は生産中止になっていると思います。特殊な自転車のジャンルにあたるリカンベントバイク自転車という市場の枠の中では1%も満たないぐらい少ない車種ですが、その少ない車種のジャンルの中でも仕様やデザインの種類が沢山あります。大きく分けてハイレサー、車高、乗車位置が比較的高め運転席で運転する人の目線が立っている人の肩から胸ミットレー...

リカンベント今まで2輪ばかり乗っていましたが今回ついに3輪のトライクを入手リカンベントで有名なパフォーマーのブランド通常は風よけは別に取り付ける必要がありますが今回付けてみました2輪でも流用できるますこの風よけだけで8万円近くします色々な細かいパーツを組み合わせています全長2m近くあるので通常の自転車枠には収まりませんこのタイプは車道を走るのが原則です横幅60cm以上長さ190cm以上の場合は車道...