サイクルライトの種類と特徴

自転車のライトについて、

 

電池式

 

充電式

 

太陽光充電式

 

大きく分けて3種類あります。
以前までは電池式がほとんどで
最近充電が型が主流になってきました。

 

電池式

電池式の特徴は本体は安価です。
電池を購入するというランニングコストがかかりますが、
光やデザインの幅は広く普及率は一番多いので
コンパクトなタイプは今もよく利用されています。

 

 

充電式

充電式今までは大きいものばかりでしたが、
最近はコンパクトなタイプも出てきました。
USBの充電でこまめに充電すれば
途切れる心配はありません。
自転車ライトUSB充電 フロント用 防水加工
キャットアイ(CAT EYE) リア用 USB充電式

 

 

 

 

ソーラーパネル

太陽光充電式、太陽光を吸収しないといけないので、デザインは限られ、しっかり照らすタイプになると
どうしても大きく、コンパクトを求めるとポインター式、点滅式のみになるのがほとんどです。
それぞれのメリットデメリットはあるもののすべての種類はそれぞれ使い勝手は良いです。
【防水】ソーラー充電自転車ライト テール
セーフティライト ソーラー 自動点灯消灯

ベルの音色それぞれ

真鍮ベルの音色が素晴らしく美しい音

ライトとベル記事一覧

ボタン電池のCR2032を2枚使用するコンパクト自転車ライトですよくロードにも使用されておりコンパクトではかなり活躍するライトになります電池の取り付け方は画像のように2枚挟んでヘット部分に取り付けます。きになる電池の寿命ですが想像しているよりも長持ちする感触はあり週2回往復片道7キロぐらい20分、使用して4か月以上利用してまだ点灯するのでそこまで悪い方ではないです。1回ボタンを押すと全灯2回ボタン...