サイクルライトベルハンドル周りのアクセサリー

サイクルライトの種類と特徴

自転車のライトについて、

 

電池式

 

充電式

 

太陽光充電式

 

大きく分けて3種類あります。
以前までは電池式がほとんどで
最近充電が型が主流になってきました。

 

電池式

電池式の特徴は本体は安価です。
電池を購入するというランニングコストがかかりますが、
光やデザインの幅は広く普及率は一番多いので
コンパクトなタイプは今もよく利用されています。

 

 

充電式

充電式今までは大きいものばかりでしたが、
最近はコンパクトなタイプも出てきました。
USBの充電でこまめに充電すれば
途切れる心配はありません。
自転車ライトUSB充電 フロント用 防水加工
キャットアイ(CAT EYE) リア用 USB充電式

 

 

 

 

ソーラーパネル

太陽光充電式、太陽光を吸収しないといけないので、デザインは限られ、しっかり照らすタイプになると
どうしても大きく、コンパクトを求めるとポインター式、点滅式のみになるのがほとんどです。
それぞれのメリットデメリットはあるもののすべての種類はそれぞれ使い勝手は良いです。
【防水】ソーラー充電自転車ライト テール
セーフティライト ソーラー 自動点灯消灯

ベルの音色それぞれ

真鍮ベルの音色が素晴らしく美しい音

ライトとベル記事一覧

オウルアイのソーラーライト

太陽光発電自転車ライト 太陽光発電のソーラーライト通常は採光は低いとされるライトだがこのオウルアイはかなり明るいです、前方300mぐらいまでは光が届き街中なら車に存在感を充分伝える事はできるぐらいの明るさで、常備店頭、点滅と2つの切り替えが可能。明るいソーラーライト純正の取り付け器具ではないが応用で取り付け可能★自転車パー...

≫続きを読む

キャットアイ ソーラー充電

太陽光発電自転車ライト できればフロントとリアのセットで欲しいこのキャットアイソーラーライトなぜ前後セットで欲しいかというと、つけっぱなしにできるからです。そうです管理人「ルートガーデン」は結構ものぐさです。さらに取り付け忘れがありません。通常のライトは取り外しができ、盗難防止にははずしておかないといけません。勿論このキャ...

≫続きを読む

キャットアイ

キャットアイライト取り付け 一番スタンダードで最も使われているキャットアイ乾電池式のロングセラーLEDが登場するまでは結構電池の消耗が激しくて交換がこまめにして乾電池代の消耗品としてランニングコストがかかっていました。今回はこのLED電球になって試用期間が長くなりました。目安としては20分の通勤を点滅モードで週5日使用して3か...

≫続きを読む

かなり明るいライト

充電式明るいライト ミニベロ かなり明るいライトどんな手段を使ってもライトをバイク並に明るくする方法自転車の夜間走行のライトについて、自転車専用にのライトは明るいタイプおあるのですがそれを上回る原動機付自転車、原付バイク並に明るく照らすフロントライトを取り付けれる方法があります。かなり強引なので、まず防水ではないという...

≫続きを読む

トピークスモールライト

トピークコンパクト自転車ライト ボタン電池のCR2032を2枚使用するコンパクト自転車ライトですよくロードにも使用されておりコンパクトではかなり活躍するライトになります電池の取り付け方は画像のように2枚挟んでヘット部分に取り付けます。きになる電池の寿命ですが想像しているよりも長持ちする感触はあり週2回往復片道7キロぐらい20分、使...

≫続きを読む

ベル

レースでは使用しないアイテムで街乗り、一般道では必要になるアイテム自転車のベルですが、真鋳の音色を聴くまで正直どんなタイプのベルでもよく、むしろ小さいタイプを探していました。けど音色は重要ですね。真鋳はどんな音色かとうと、ボクシングやプロレスなど格闘技のリングコングに使用される素材です。本当に響きが...

≫続きを読む


管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先