キャットアイシリーズライト

キャットアイシリーズライト


自転車ライトの老舗ブランド「CATEYE」キャットアイ

自転車ライトの中で
特にセーフティーライトを得意とする
メーカーCATEYE 
株式会社キャットアイのホームページ
猫の目反射した時に赤く光る事から
テールライトを豊富に取り揃えた企業で
その他のフロントライトや
自転車のアクセサリーも取り扱い

 

管理人「るーとがーでん」は
コンパクトでマウントの汎用性も
豊富にあるのが気に入っています

キャットアイ ソーラー充電 セーフティライト

キャットアイシリーズライトできればフロントとリアのセットで欲しい
このキャットアイソーラーライト
なぜ前後セットで欲しいかというと
つけっぱなしにできるからです
管理人「るーとがーでん」は結構ものぐさです

 

 

 

通常のライトは盗難防止に取りはずせまずが
勿論キャットアイソーラーセーフティーライトも
取外し可能ではありますが小さいので
ライトをつけている感じはしませんし、
キャットアイソーラーライトを使用し
所有して5年以上になりますが
一度も盗難ありません

 

 

以前は充電式のライトを使用し
存在が大きいのと充電の度外すので
その繰り返しで落としてしまう出来事も

 

その点では
キャットアイソーラーセーフティーライトは
少なくとも充電という点では取り外すことが無く
ソーラーなので常に充電している状態
充電での取り外し回数が無く
紛失する確率も低くなる

 

 

点滅のみではあるが存在感ある光量

キャットアイシリーズライト

WEBの商品の説明

ソーラー充電、点滅:約5時間
高輝度ホワイトLED1個使用
本体長さ:58mm本体幅:40mm
フレックスタイトブラケットを採用
(22.2~32mm)本体重量:27g

 

 

 

太陽電池で充電し
電池交換の必要もなく
メンテナンスフリー

 

 

 

明るさと振動を感知し
夜間に自動で発光する

 

 

自動発光オートセーフティライト
残光機能により停止後も
約40秒間発光を維持
強制オンオフスイッチ付き

 

 

 

ハンドルバーに手早く
確実に固定できる
フレックスタイトブラケット付属

 

 

商品の説明にあるように一番の特徴は
暗くなると自動的に点灯してくれるんです
本当に便利でつけ忘れしません

 

 

アマゾンでのレビューの数からも
自転車乗る人がソーラー充電の中で
キャトアイソーラーセイフティーが
一番多く利用されていると
言っても過言ではない
キャットアイシリーズライト

 

点灯種類は点滅のみになりますが
電気交換いらずのスイッチいらずなので
取り扱いがとてもの楽なライトです

 


前後と種類あり多くのファンに愛用されているのは
リア用の赤点滅タイプになります

 

cateyeセーフティーソーラーを4点の場所に取り付け

 

 

手だけで取り付け可能工具要らずが好きです

キャットアイセーフティーソーラーライト
マウント台座取り付けは工具は不要
手のみで簡単取り付けできるので
気分や日によって位置を変えてみたりできます

 

 

フロントフォークに設置

キャットアイシリーズライト
上の折り畳みステムに取り付けると
稀にハンドルとは向きが連動してなくて
少し違和感を感じます

 

この様にフロントフォークに取り付けると
ハンドルの振りと連動するので
よりフラッシュライトの存在が目立ち
安全性が高まります

 

フロントフォーク上部に設置

キャットアイシリーズライト

 

フロントフォークに左右どちらも取り付け可能

キャットアイシリーズライト
フロントフォークに低い位置で取り付け
ハンドルの手元はスッキリしたり
雨の日にレインポンチョでハンドルが隠れる時

 

 

ハンドルの下に取り付

キャットアイシリーズライト
自転車を運転している時
ハンドルの上から眺める時
視覚に入らないので気分がスッキリ

 

 

リア(後ろ)フレームに取り付け

キャットアイシリーズライト
どうもシートポストに取り付けたくなくて
低い位置に設置したい気分です

 

リアのシートポストフレームに設置

キャットアイシリーズライト
この位置はコートなど長めの上着を着た時
上着でライトが隠れれしまうので
下の部部に取付ライトの方向を上向きにすると事で
アピールの問題は解消します
キャットアイシリーズライト
ロードバイクやインチの大きい自転車には違いは出ませんが
ミニベロ小径車折り畳み自転車などの
車高が低いフレームには効果的です

 

フロント折り畳むステムに設置

 キャットアイシリーズライト
ハンドルの位置ではなくハンドルステムの根本は
雨の日にポンチョを使用するとハンドル回りが
ポンチョによって隠れるので

 

雨のこそ日中もライトを点灯または点滅しておきたいのに
ポンチョでアピールフラッシュが隠れるのを防止
リアのライトとと同様下部に取付
上方向に向けれ取付ると対向車の車などに存在を確認できます

 

シートポスト中間に設置

キャットアイシリーズライト

 

ノーブランド中華ソーラーライトとキャットアイソーラー大きさ比較

 

キャットアイのソーラーライト以外に
中華のソーラーライトの大きさを比較してみました
キャットアイシリーズライト

 

使用環境は
子供の自転車に取り付けるのが一番かなと
自動で点滅するので付け忘れが無いので
都心の街中では安心できる一つの材料です

 

予算があるならキャットアイの2〜3個付けすると
街頭のない道では暗すぎて別に点灯専用のライト必要ですが

 

 

比較するとよくわかる大きさとその性能

キャットアイシリーズライト
画像でも変わると思いますが
LEDライトは1灯なのに光の放射角が
165度近くあります

 

キャットアイソーラライトの光量放出イメージ図
キャットアイシリーズライト
前の30度角が明るくそれ以外の165度は光がある感じ

 

赤のテールランプ用の
ソーラーライトはLEDは3個ですが
放射角は120度ぐらいという感じ

 

明るさと角度の性能の差が出ます

 

気になる値段

キャットアイは約1800円
それに対してテールライトは300円と
6倍の違いあります値段だけ見ると
300円ですが
品質やマウントの汎用性は圧倒的に
キャットアイセーフティーソーラーです

 

 

裏側の仕組み

キャットアイシリーズライト
オンオフボタンはそれぞれあります
キャットアイは自動の点灯の点滅
振動と暗さによって自動で行えます

 

赤のテールライトは手動で
点滅→点灯→点滅早い→消
このサイクルで繰り返します

 

中華のソーラー電池の耐久性は
計測できません

 

キャットアイは使用頻度にもよりますが
4年以上でも点滅は利用可能

キャットアイラビット3前灯自転車ライト

キャットアイシリーズライト
取り付けの一例
低い地でも取り付け可能なキャットアイシリーズのマウント
その種類も豊富で汎用性も高いのがキャットアイです

 

商品届いた状態

キャットアイシリーズライト
本体サイズ:66×23×43mm
重量:61g(本体及び電池、ブラケットを含む)

 

説明書の裏

キャットアイシリーズライト
箱の裏側ですが光の角度がで表示されてます
角度が広いのは下にある動画リンク見ると
この説明書の内容も理解されると思ます

 

梱包状態

キャットアイシリーズライト
ライト本体と取り付けのマウント台座
スタンダートなキャットアイ(CAT EYE) フレックスタイトブラケット SP-12-R
タイプの台座です管理人「ルートガーデン」は
この台座も違うタイプにカスタムしてます

 

乾電池セット
キャットアイシリーズライト
乾電池式の自転車ライトなので付属されている
単三乾電池をセットします
画像の様に透明部分が外れるのでその中に設置
光源:高輝度LED1個を含むLED3個
電源:アルカリ単3形乾電池1本
 

光のパターン


長押し点灯→点滅→ランダム→点灯→長押し消灯
発光パターン(点灯時間):点灯(約3時間)、ラピッド(約20時間)、パルス(約80時間)
この流れになり画像にあるように
点灯は3灯の内センターのみ

キャットアイシリーズライト

 

キャットアイシリーズライト

 

点滅は3灯の内両端

キャットアイシリーズライト

 

ランダムは真ん中と両端の組み合わせ

画像では表現しにくいのですが
キャットアイシリーズライト

 

 

ハンドルに付けるて運転中明るすぎる場合

キャットアイシリーズライト
光をカットするシール
透明部分からLEDライトがある為
設置する方向に合わせて
シールを貼る事で運転中点滅と
ランダムモードのちらつきが気にならなくなります

 

キャットアイラビット3の取り付け例(前カゴ)

キャットアイシリーズライト
キャットアイのブラケット
取り付け対応径:φ12mm/32mmサイズ

 

画像は他のタイプをアレンジすることで
取り付け場所の幅が増えます
元々前かごではありませんが
前カゴにアレンジし取り付

 

 

明るさ比較をしたYouTube動画です

キャットアイライトロングセラー

充電式のライトが普及する前からある
ロングセラー乾電池式簡易軽量ライト

キャットアイ セーフティライト [TL-LD155]

キャットアイシリーズライト
前方を照らすというよりも
点滅で存在をPRするタイプのライト

 

キャットアイライトのアウンでクリップタイプ

キャットアイシリーズライト

 

自転車だけではなく
クリップでの取り付けもあるので
夜間の歩行者にカバンにつけるなど
車からの存在を認知してもらう
そんな方法にも使えます

 

キャットアイシリーズライト

キャットアイマウントの種類

3種類のキャットアイライトのマウント

キャットアイシリーズライト
キャットアイの魅力の一つは
マウントの汎用性が高く
実際に数種類つけてみます

キャットアイ グリップタイプ ブラケット装着

クリップマウント取り付け表側

キャットアイシリーズライト

クリップマウント取り付け裏側

キャットアイシリーズライト
キャットアイライトクリップマウント

 

フレームポストマウントに取り付け表側

キャットアイシリーズライト

フレームポストマウントに取り付け裏側

キャットアイシリーズライト

 

 

フレックスブラケットマウント取り付け表側

キャットアイシリーズライト

フレックスブラケットマウント取り付け裏側

キャットアイシリーズライト
フレックスタイトブラケット SP-11 534-2280

 

 

キャットアイライト台座カスタムアレンジ

キャットアイシリーズライト
自転車を購入すると
ほとんどついている
反射板を支える台座をベースに
キャットアイのクリップ台座に穴を開けて
合体させます

 

キャットアイシリーズライト

キャットアイLEDヘッドライト HL-EL140と145取り付け外し方

キャットアイシリーズライト
一番スタンダードで
最も使われているキャットアイライト
乾電池式のロングセラー

型番に140と145がある

キャットアイシリーズライト
このアーバンタイプは
型番が145で
同じ乾電池ですが
なぜか光量が違う

 

 

キャットアイシリーズライト

 

画像はビアンキカラー購入

キャットアイシリーズライト
単三乾電池2本を使用します
乾電池式のメリットは
充電式と違い電池の寿命が長く
長時間使えます特に
ヘッドライトURBAN HL-EL145は
明るくて250時間

 

HL-EL140

キャットアイシリーズライト
以前か持っていた140ですが
乾電池なのか光の明るさ表示が
カンデラという基準で
400カンデラ
しかし400カンデラといっても
どれぐらいの明るさかイメージしにくい

 

実際の道路で自転車走行

前灯で暗い道を照らすという所までの光量はありません
どちらかというと点滅で存在感をPRするのに
向いているのではないでしょうかというぐらい
明るさはあまりないです

 

HL-EL145

キャットアイシリーズライト
140と見た目は同じですが
表記のURBANと書かれて
ケースのカラーが豊富になxったところが
見た目の違いですが
大きく違うのは光量の差

 

実際の道路で自転車走行

明るいです夜真っ暗な道も実際に走って
これ一つだけでも前灯としての機能はあり
光の形が前30度ぐらいに特化してますが
30〜40メートル先でも目視できる明るさ

 

キャットアイシリーズライト

 

数値だけでいうならば
140は400カンデラ
145は800カンデラ
と2倍近く差はあります

 

アマゾンで確認400と800カンデラあり

 

LEDが登場するまでは
結構電池の消耗が激しく
交換がこまめに
乾電池代の消耗品として
ランニングコストがかかっていました

 

 

乾電池のシステムは
変わりませんが
LED電球になって
使用時間が長くなり

 

目安としては20分の通勤を
点灯モードで週5日使用して
3か月以上継続

 

充電式関電理を使用すると
実質充電式のライトになります

関連記事別サイトkaimono24h.net
充電式乾電池

 

キャットアイマウント自転車本体取付

台座と自転車本体に取り付ける方法
取り付けのマウントは様々なタイプありますが
標準装備的なスタンダード調整可能のバンド
キャットアイシリーズライト
素材はプラスチックで
締めたり緩めたりすることで
ハンドルなどの直径サイズ変更可能なタイプ
ハンドルに取付が基本ですが
応用でフロントフォークや前カゴなどにも
設置可能で自由度の高い回転式の調整バンド

 

キャットアイシリーズライト
唯一の欠点は夏の暑いときや寒いとき
寒暖の差が激しく過酷な環境を繰り返すと

 

材質の性質硬くなり
ネジが回しづらくなります

 

 

右にある輪っかで締めたりしていきます
キャットアイシリーズライト
ハンドルに取り付けたときのイメージ図
キャットアイシリーズライト
ライトの下に円形の形があるのが
ハンドル位置とイメージすればいいでしょう

 

 

キャットアイマントとライト本体ジョイント

キャットアイライトマウントから本体脱着手順

キャットアイシリーズライト
ライト本体部分の下部前方に
ロックする為のフックボタンがあり
キャットアイシリーズライト
そのボタンを押しながら引っ張り出すように引く
とマウント台座と145のライト本体が外れます

 

取り外時は「カチッ」と音は鳴りません
装着する時は小さく「カチッ」と音が鳴ります
キャットアイシリーズライト
引き抜ききる本体からマウントが分離
キャットアイシリーズライト
指先にあるくぼみのような場所に
フック上のものがあり工具と完全固定

キャットアイライト装着使用例

スタンダードで王道なハンドル

キャットアイシリーズライト
ハンドルのステム付近の根本に装着
標準的でもっとも多くの装着方法で
メーカも推奨している取付方

 

 

この配置の注意点は角度を
上にあげ過ぎないところ
今既存のUSB充電式バッテリー
LEDライトに比べると
カンテラやルーメン(光量単位)が
少ないものの直進性のある光なので
眩しく感じ歩行者の顔位置に
当たる角度は取付けマナー違反

 

キャットアイライト取付けアレンジ
?フロントフォーク

キャットアイシリーズライト

キャットアイライト取り付けアレンジ
Aフレーム

キャットアイシリーズライト