サドル次第で乗り心地

サドルは自転車の座席部分で体重移動で方向転換する箇所となり
走行する為に重要なパーツになります。

 

そのサドルで悩むところが長時間座った状態で痛い痛くないか

 

その痛みの部分は坐骨と股間になります。
結構まじめに健康面での話でいうと

 

前立腺の圧迫や尿道の炎症など、
切り返し体に合わないサドルで乗っていると
健康に影響するぐらい重傷な症状にもなります

 

もちろん体重がかかるので
時間たてば必然的に痛くはなるが
サドルの種類によっては
お尻や股間の痛みが軽減するタイプもあります。

 

このカテゴリーでは痛くないサドルを体験を元に紹介し
痛くないサドルを慎重に選びたいものです。

サドルやシートポスト記事一覧

ノーマルの自転車をしばらく乗っているといろいろなパーツを変えカスタマイズしたくなります。特にサドルで悩みが坐骨と股間の痛みです。痛くないサドルは実際に乗ってみないとわからないのですが、お尻が痛くないサドルと言われるジャンルは、ほとんどはクッションやスポンジ部分が厚い物が多く確かに乗っていて痛くはないものの、雨の後サドルに染み込んだ水がサドルに残り雨の日やその翌日は乗る事が難しくそれに加えデザインは...

痛くないサドルの一つTIOGA タイオガ ジェミナスです。ますはサイズは横にメジャー並べてみました。メジャーで数字や単体の形を見る限りは、スポーティーを感じさせない幅広のデザインと形ですが、実際に自転車に取り付けてみると、意外にどのタイプの自転車にもしっくりして、この画像はミニベロロードタイプですがあまり違和感のないバランスです。更にいろんなアングルで正面からじょじょに 上のアングルに上ってきます...

痛くないサドル厳密にいえば座る位置ポジションが決まれば痛くない。カラーが気に入っているベロサドルそれはどういうことかというと当サイトで紹介している痛くないサドルは根本的に本当に痛くありません。ですがこのVELOのサドルは管理人「ルート」経験上痛かったんです痛かった時は折畳み自転車に乗っている時重心がロードタイプ程そこまで前傾でないのでサドルの後ろ部分に体重がかかります。単純ですがその為座っていても...

コンフォートサドルの種類比較と特徴コンフォートは快適いうイメージで捉えられレース用の細くて堅いサドルではなくどちらかというと、街乗り中心の子供を乗せる電動自転車やいわゆるママチャリといわれる自転車シティーライド向けのサドルになります。快適さを重視したサドルになるのでコンフォートサドルの比較座る面の違いや穴あきタイプサドルの裏にはスプリンククッションがあるタイプなどサドル自体に厚みがあるタイプサドル...

座ったってテール(後ろ部分)が細いわりに形状が少し上がり気味ということもありおしりの痛さを感じません股間部分もあたりなく非常にフィット感があるサドルなので痛さをほとんど感じませんサドルの実測は353グラムカラーコントラストベースホワイトにグリーンのラインこの色合いがとてもセンスあり相性良く感じますたまたまですがベネトンロードフレームのためにあるかのような配色なので適合するととても良いサドルですミニ...

以前リーボックのエアーポンプフリューリーという空気を入れて足にフィットさせる靴があったのはご存知でしょうか?このエアチューブサドルは、その靴をイメージさせるものでした。管理人「ルートガーデン」はそこまでデザインが好みではなかったが興味本位で購入しました。実施届いて手に触ってみると、空気を入れなくても充分なクッション性がありネットが面で見るより、シルエットとフォルムは悪くありません、個人的センスによ...

管理人「ルートガーデン」が街乗り用のサドルを色々乗ってみて最強に絶対に痛くないサドルを発見しました。今一押しのお尻が痛くないサドルVELO(ベロ) コンフォートサドル VL-6363 ブラック VL-6363(改良版)それは痛くないのは勿論ですが、デザイン、見た目のシャープ感切込みや縫い目がないので雨に濡れても染み込まない街乗りにもっとも適したコンフォートサドル黒をベースに横に白いラインが入ってい...

管理人「ルートガーデン」はノーマルの自転車に標準装備しているサドル以外で初めてパーツ購入したベロのサドルです。肉厚のクッション性能が高く当時はノーマルのサドルを使用して長時間乗っているとお尻が痛くてこのベロサドルに変えた瞬間、世界が変わりましたちょっと大袈裟かもしれませんが、本当に楽になったのであの時の最初の感動があったからカスタム、改造、パーツ交換の魂が芽生えたのでしょうその時の車種はドッペルギ...

小径車、ミニベロに必須ともいえるシートポストロングタイプ一般的にシートポスト径27.2mmは種類が豊富ですが34,9mmともなると数やメーカデザインがかなり限定される今回BEbikeをレストアしカスタムしている最中で色々シートポストを調べました。たどり着いたのがこのWOODMANですパーツ税込10,800円以上は送料無料/ウッドマン Post SL Plus 600 34.9X600mmウッドマン...

頑丈なつくりなのに軽量である、質の良いアルミニュウムを使用している安心感のあるブランドウットマンWOODMAN青いシートポストは34.9mm径の600mmタイプオレンジのシートポストは33.9mm径の600mmタイプ超軽量の316gなんとも綺麗な素材で金属が美しいやはり1本が9800円するが納得できる価格だやぐらサドルの取り付け状態商品が届いた状態で木の棒が挟まっています。こういう状態でシートポス...

シートポストサドルを支える主にアルミの棒状のパーツサドルに次いでこのシートポストにクッションがあると更にお尻が痛くならない自転車生活が過ごせるでしょう多くのサスペンションシートポストがありますが値段に見合った製品を提供しているドッペルギャンガーサスペンションシートポスト楽天での通販【送料無料】ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ハイブリッドサスペンションシートポスト DSP095?BK...

自転車のシートポストミニベロはじめクロスバイクなどにも一番多く普及している太さで径のさいず27.2mmですサスペンションやカラーが豊富なのでフレームが27.2mmより大きい場合はサイズ調整のアクセサリーがあります27.2mmの前後のサイズ25.4mm28.6mmのサイズがあり折り畳み自転車や18インチの以下のタイヤサイズのミニベロフレームだと34.9mm33.6mm起用されている自転車はダホンなど...

あまり見ないパーツですが機能としてはサドルのサスペンション役割になるので自転車のお尻が痛いという現象がかなりなくなります真ん中のパーツがサスペンションパーツVの字がバネの役割を果たします本当にぼよんとバネのようにはずみます取り付け前のレイアウトのイメージ前向きと表現すべきかどちら側に向けるか後ろ向きと表現すべきか効果的には大きく変わりませんがサドルの角度がかなり変わるのでサドルの種類により変動が必...