キャリアータイヤ交換

ブロンプトンの純正のキャリアホイール
タイヤはプラスチックで衝撃があると
割れていきます

 

交換前のウィルは破損しまくりました
Bromptonキャリアータイヤ交換
あと転がり自体はあまりよくないので
管理人「ルートガーデン」のように
通勤で普段輪行している場合どうしても
キャリアーの転がり性能を重視してしまします

 

そこでこのキャリアー自体を交換しようと思います
最初に購入したのが

 

Aceoffix イージー ホイール Brompton折りたたみ自転車用Easywheelになります
一応ブロンプトンの純正ではないですが
適応するパーツという事で購入してみる

 

 

届いた状態は梱包は通常の綺麗に梱包
Bromptonキャリアータイヤ交換
こんな薄いパーツでキャリーの機能
果たせるかなという疑問を感じながら開封

 

重さは42グラム軽い
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

 

ひとまずは交換

 

 

マイナスネジを利用してキャリア取り外し
Bromptonキャリアータイヤ交換
プラスチックのウィルなので
管理人「ルートガーデン」はかなりの頻度で
輪行を利用してすぐに割れてしまいました

 

 

取り外すとなんだか構造は単純
Bromptonキャリアータイヤ交換
ボルトの太さはどうやらM5という
5mmサイズのタイプを利用です

 

キャリーを取り付ける
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

一応ネジの長さを確認してみます
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

最初は手で回してネジを垂直仮差しします
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

 

ネジが浮いている状態ですがあとは六角レンチを使い締めていきます
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

3ミリの六角レンチでボトルを締めます
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

 

通常の時計回りで締めていきます
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

 

装着してみると何とも安定感のある存在
Bromptonキャリアータイヤ交換
スリムでスタイリッシュですね

 

実際転がしてみると音静ずか
Bromptonキャリアータイヤ交換

 

本体との見た目バランスも丁度良い
Bromptonキャリアータイヤ交換
横から見るとブロンプトンのキャリアは何ともバランスが良いですね
綺麗に設計されているのでス畳んだ状態はすっぽり収まります

 

装着から数か月Aceoffix イージー ホイールl
ハードな輪行にはむいていません

 

というのはタイヤ部分のゴムがひねりの走行入れると
外れてしまうんです
おそらく折り畳みの輪行はそこまで使用できず
仮置き

新たに頑丈なキャリア

そもそも管理人「ルートガーデン」は毎日といっていいほど
自転車の輪行を通勤でしています
なのでキャリアを押すのにデザインよりも機能性
という事で
スケートボードウィール 耐摩耗性 純正交換用 ウィール 70mmを購入しました
Bromptonキャリアータイヤ交換
元々はキックボードに使用する
ウィルタイヤみたいで
スケートボードにも使用できるぐらいの耐久性という事ですね

 

大きく重たくなるので転がりは悪いのかなと思いましたが
意外に転がるし動きやすい

 

なんといっても耐久性が良いですね

 

アマゾンの商品説明を引用した感想

 

サイズ70mmのリップスティックデラックス
ミニやローラーブレード、リップスター、
リップスターブライト等にも使える交換用互換ウィール

 

 

ローラーブレードやスケボーに設計されているので
結果耐久性はそれなりにあります


 

 

 

材質:強化PUゴムホイール、クリア

 

 

 

そうですね硬い素材なのでキャリアにして路面を気にする必要が無いですね


 

サイズ:70x 24mm(直径x厚さ);インライン直径:8mm

 

 

存在感はありますが機能性重視なら気にしないデザインですね
最初は管理人もちょっと大きいかな〜とおもって気になりましたが
今はしっきり馴染んでます


 

 

 

 

ブロンプトンに装着した画像

Bromptonキャリアータイヤ交換

 

輪行から覗かれるキャリアタイヤ
Bromptonキャリアータイヤ交換
好みや機能性の問題ではありますが
存在感はあります
けど機能性と耐久性は純正以上で
前のページにも紹介しているキャリーよりも
耐久性高いです