マラソンレーサーとブロンプトンタイヤ交換

16インチ1.35インチのサイズ
管理人「ルートガーデン」は
このサイズ感がほしかったのですが
1.35というの幅のサイズは
16インチ306のサイズはなく
16インチ349のブロンプトンのサイズのみになります
Bromptonタイヤの交換
ブロンプトンを購入してタイヤ交換しました

 

アマゾンで購入マラソン 16×1.35 クリンチャータイヤ
楽天で購入シュワルベ(SCHWALBE) ミニベロタイヤ マラソン 16×1.35(349) ブラック リフレックス TOUR 35-349

 

Bromptonタイヤの交換
新品なので溝もしっかりとあり
綺麗なデザインだな
少しマニアックかもしれませんが
この溝のデザイン結構たまりません
Bromptonタイヤの交換
チューブはシュワルベ純正をお勧め

 

米式バルブ鉄製の秘訣
Bromptonタイヤの交換
米式のチューブで値段の差がありますが
この空気を入れる部分が鉄製であれば
チューブの劣化しにくい
その分ゴムでできている米式チューブとの値段の差はあります

 

 

Bromptonタイヤの交換

 

ブロンプトン純正のタイヤとシュワルベのタイヤを
比較して並べてみる
Bromptonタイヤの交換
もともと標準装備の純正のタイヤになります
マラソンの溝は比較すると美しさを感じます
16インチ1.35のサイス
どうも管理人「ルートガーデン」は
この1.35というタイヤサイズに魅力を常に感じており
20インチの1.35も良い印象でした

フロントタイヤの交換

純正のタイヤを取り外す前
Bromptonタイヤの交換
とりあえず並べてみます何となく1.50と1.35の直径も違う気がします
厚みが違うので直径も違うのかというのは納得

 

 

ナット式なのでレンチでネジを緩めます
Bromptonタイヤの交換

 

 

こんな感じで緩めば外せます
Bromptonタイヤの交換
クイックレバーではないですが
ナット式になのに比較的簡単に取り外すことはできます

 

 

ブロンプトンの特徴的な前輪のフックパーツ
Bromptonタイヤの交換

 

 

 

外れた状態特に他の車種と違いはありません
Bromptonタイヤの交換

 

 

前輪を外しても元々自立するので自立状態
Bromptonタイヤの交換
この状態で自律してくれるとかなり
メンテナンスと扱いやすいです

 

 

ブロンプトン独特のフロンフックは宙ぶらりんx
Bromptonタイヤの交換

 

 

 

 

 

 

タイヤ交換した状態で次はフロントフォークに取付
Bromptonタイヤの交換

 

Bromptonタイヤの交換

 

Bromptonタイヤの交換

 

 

空気を抜かないとブレーキパットが挟まり入りません
Bromptonタイヤの交換
空気を先にいれてしまい
いつもわかっているのに空気を入れてしまう
きっとタイヤを取り付けたあとに
しっかり取り付けれているかな
確認ですぐに空気入れてしまいます

 

 

ブロンプトン独自のフロントフォークの固定
Bromptonタイヤの交換
ナットを締める前に先にはめ込む必要があります

 

Bromptonタイヤの交換

 

 

 

 

 

 

ブロンプトン純正のタイヤからシュワルベマラソンレーサーに変更

 

 

シュワルベマラソンレーサー16インチ(349)×1.35ガラスの破片が刺さる

タイヤの交換をする時に
よく見るとガラスの破片が刺さっていました

 

Bromptonタイヤの交換

 

けどそこが凄いところ
パンク防止のリフレクターがあるので
この状態で走行もしていましたが
8か月雨の日も暑い夏の日も走行してましたが
パンクは一度もないので
タイヤ本体は高いけど

 

交換することやその度にチューブ交換代を考えると
シュワルベのマラソンレーサーを購入する方が安く感じます