ブロンプトンのタイヤサイズは16インチ1.35

ブロンプトンの標準タイヤはモデルや
時代によって変化ありますが
16×1.5(349)が装備されています
シュワルベのメーカー
16×1.35(349)シリーズで
コジャックとマラソンレーサーの2種類

 

 

この記事の内容は
昔のブロンプトンの標準タイヤ
16インチ×1.50
16インチ×1.35
のタイヤ交換になります

 

タイヤ単体の比較マラソンレーサーとブロンプトン標準タイヤ

16インチ1.35インチのサイズ
管理人「ルートガーデン」は
このサイズ感がいつも魅力的に感じ
サイズ表記を理解していない時では
16インチ1.35(349)を購入して
「16インチなのにどうしてサイズ合わないんだ」
と思っていました同じような事を思ったあなた

自転車16インチタイヤサイズ2種類有

タイヤのサイドに表記する数字をよく見てみよう

 

16インチ1.35
1.35はタイヤ幅のサイズですが
その前にある35−349の数字が
16インチ306というサイズ
16インチ349というサイズ
表記あり349がブロンプトンのタイヤサイズ
Bromptonタイヤの交換

 

 

新品なので当たり前ですが
溝もしっかりとあり綺麗なデザインです
少しマニアックに感じるかもしれませんが
溝(トレット)のデザインにうっとりします
Bromptonタイヤの交換

 

米式バルブ鉄製の秘訣

チューブも合わせてシュワルベ純正お勧めBromptonタイヤの交換
米式のチューブで値段の差がありますが
この空気を入れる部分が鉄製であれば
チューブの劣化しにくい

 

特に付け根は雨天候で酷使するので
鉄であればゴムよりも環境に耐えれます
その為米式チューブとの値段の差が出ます

 

 

ブロンプトン純正とシュワルベタイヤを比較

Bromptonタイヤの交換
画像の左は元々ブロンプトンの標準装備
純正タイヤは16×1.50のサイズ

 

マラソンの溝は比較するとシュワルベの
美しさを感じます16インチ1.35のサイス

 

繰り返しますが管理人「ルートガーデン」は
この1.35というタイヤサイズに
魅力を常に感じており
20インチの1.35も良い印象

ブロンプトンフロントタイヤの交換

Bromptonタイヤの交換純正のタイヤを取り外す前に
とりあえず並べてみます何となく
1.50と1.35の直径も違う気がします
厚みが違うので直径も違うのか
というので納得です

 

ブロンプトンタイヤ交換タイヤを外す

Bromptonタイヤの交換
ナット式なのでレンチでネジを緩めます
モンキーレンチ ワイド 両側兼用版

 

画像の様にネジを緩めば外す

Bromptonタイヤの交換
クイックレバーではなくナット式なのに
比較的簡単に取り外すことが可能

 

 

フックパーツの取り外し確認

Bromptonタイヤの交換
ブロンプトンの特徴的な前輪のフックパーツ

 

フロントタイヤホイール取り外し

Bromptonタイヤの交換
外れた状態特に他の車種と違いはありません

 

交換時に折り畳みで自立

Bromptonタイヤの交換
前輪を外しても元々自立するので自立状態
画像の様に折り畳んだ状態で
自立してくれるとタイヤ交換しやすい
ブロンプトン独特のフロンフックは宙ぶらりん

 

 

 

タイヤ交換した状態フロントフォークに取付

Bromptonタイヤの交換

 

Bromptonタイヤの交換
空気を抜かないとブレーキパットが
挟まり入りません
Bromptonタイヤの交換
フロントフォークに取り付ける前にいつも
交換した後いつもわかっているのに
空気を入れてしまう
きっとタイヤを取り付けた後に
チューブなど失敗がないか確認で
タイヤを膨らませてしまいます

 

 

ブロンプトン独自のフロントフォークの固定

Bromptonタイヤの交換
ブロンプトン独自の折り畳み時に仕様でフックあります

 

 

Bromptonタイヤの交換

 

 

 

ブロンプトン純正のタイヤから
シュワルベマラソンレーサーに変更
マラソンレーサーの次はコジャック交換予定

シュワルベマラソンレーサー16インチ(349)×1.35ガラスの破片が刺さる

タイヤの交換をする時に
よく見るとガラスの破片が刺さっていました

 

Bromptonタイヤの交換

 

けどそこが凄いところ
パンク防止のリフレクターがあるので
この状態で走行もしていましたが
8か月雨の日も暑い夏の日も
走行してましたがパンクは一度もなく
タイヤ本体の値段は高いけど
交換する時間やその度にチューブ購入代を
比較しても明らかにシュワルベで購入が安いです