タイヤの径を並べて違いを確認

16インチ、20インチ(406)、20インチ(451)を
実際タイヤを並べて比べてみると
その大きさや微妙な違いの理解できます。

 

管理人「ルートガーデン」も今まで
ミニベロを複数所有しているにも関わらず

 

実際に比べて並べることがありませんでした。

 

タイヤ直径サイズ

 

こうやって自転車現物を並べてみると
そのタイヤの違いが歴然と出てきます

 

違う径のタイヤを横から見るより
縦のほうが管理人「ルート」は違いを感じました

 

 

タイヤ直径サイズ

 

一番い20インチ451の
タイヤが細い規格もあってか
かなり大きく感じます。

 

gios mgnonを乗っていたときは
単体で見ていたため、
これほどまで大きく感じませんでしたが

 

 

タイヤ直径サイズ

16インチのタイヤの特徴

管理人「ルートガーデン」は
この小さい16インチがなぜか好きなんです

 

2台目に所有したのがこ確かにのサイズだからでしょうか?
しかし自転車の中ではまだ数が少なく、種類も豊富ではありません。

 

 

16インチでも
規格が305と349と規格が
2種類
あります305は一般車向けで太目が多いですね。
幅が@1.5 A1.75 B2.00

 

 

この2.00のSCHWALBE(シュワルベ) ビッグアップル BIG APPLE もつけてみたくなります。

 


20インチ規格406のタイヤの特徴

ミニベロ小径車の中でもっとも普及している20インチの406規格サイズ
ジャンルは多岐にわたり、折り畳み自転車、BMX、ロード、クロスバイク
子供乗せ自転車、子供用自転車、など大人から子供まで使われている
タイヤサイズです。

 

使用される種類が多いのでもちろん色は黒だけでなく
白をはじめ茶色、その他青、赤、黄色、オレンジ
物によっては紫や黄緑などアレンジが豊富でど
ミニベロ、自転車のドレスアップに最適なタイヤサイズ
近年に本では住宅事情によってタイヤサイズを小さいので
収納にも長けています。
それでいて26インチぐらいのタイヤサイズのスピードも匹敵するぐらい
早く走れるので小さいタイヤが好みの場合はとても良いサイズになります。

 


 

管理人「ルートガーデン」が20インチで最も好きな20インチ1.35シュワルベマラソンレーサー

20インチ規格451のタイヤの特徴

16インチも規格が2つあったように20インチにも
406と451があります

 

この451はロードタイプや細いタイヤに特化した規格になり代表的なメーカーは
GIOS(ジオス)になり管理人「ルートガーデン」も451サイズの最初の1台は
gios ミグノンを乗りました。

 

この451の規格は速さだけを追求したもので
タイヤの幅が分母表記のパターンが多く
20×1 1/8 や7/8などが目安です

 

メーカーは
パナレーサー
タイヤオガなどもあり
一番のおすすめ耐久、走行性の速さは
シュワルベ ワン クリンチャー 20x7/8〜がよいです。

 


406を451サイズに大きくする方法

20インチ406サイズの自転車を451サイズの直径に合わせる方法
ホイールはそのままにしてタイヤを交換するだけで
406サイズの直径から451の直径に変わります。
そお代表的なタイヤは
シュワルベビックアップル

 


20インチのタイヤには406と451という直径のサイズが違うタイヤがあります。

 

多く普及しているサイズは20インチ406で小さい方です

 

おおよそホイールのサイズは38cm

 

それに対して451は少しい大きくホイールサイズはおおよそ45cm

 

その差は約7cm大きい分べダルを漕ぐ回数はもちろん少なくてすみます

 

今406サイズの自転車しか持っていないあなたで

 

451サイズ並みの直径が欲しい場合タイヤを交換するだけで解消されます。

 

 

ホイール装着した状態の直径寸法は50cm
タイヤ直径サイズ

 

タイヤ直径サイズ

 

一般的な20×1.50サイズのタイヤ直径45cm
タイヤ直径サイズ

 

タイヤ直径サイズ

 

 

451サイズのタイヤ直径は50cm
タイヤ直径サイズ

 

タイヤ直径サイズ

 

 

406と406のタイヤの種類での比較

タイヤ直径サイズ

 

ビックアップル20×2.00の幅広い
ボリュームのあるタイヤを使用する事で
明らかに直径の長さが変わります
どれぐらい変わるかというと

 

 

460と451のタイヤ比較

タイヤ直径サイズ
先ほどメジャーで測りましたが
視覚的もタイヤの外周直径は
451と406はほとんど一緒になっています。

 

 

そこでタイヤが太いから走りが
遅くなるのかという疑問ですが

 

それはトレット
タイヤの溝の種類によります。
ビックアップルのようなスリック調であれば
むしろ街乗りやオンロードにはぴったりなタイヤになります。

 

 

タイヤの幅の見方と数字意味

自転車のタイヤの幅に違いがあります、
その違いは性能から、
デザイン使用環境の要素から
様々な変化に対応できるように種類があります。

 

今回はその幅、太さにフォーカスしてます。

 

タイヤ直径サイズ

 

一般の700c、おおよそ28インチの直径サイズで、
ロードバイクで一番細いタイヤは0.90という数字で
タイヤの横の表記に
700c×0.90など表現されています。

 

これは後ろの「1インチ」=「2.54cm」の幅で合わせています。

 

 

ミニベロのタイヤで細い分は
1.10というのがロード型でスポーツタイプになり

 

オフロードや積載重量が重いものは2.125など幅広くなります。

 

今回はこの二つの数字

 

20×1.10

 

20×2.125

 

 

この×の前の数字「20」はタイヤ直径にあたる
「20インチ」の表現をしています

 

×の後ろの「1.10」や「2.125」などは
タイヤの幅を現し

 

今回のこのページの記事は
後ろの数字を比較してみました。

 

タイヤ直径サイズ
幅に走行性能に違いはあるかと思うと
スピード面ではフレームや
全体の組み合わせでもあるので
大きく違いはないように思え
幅の太いものは空気や面積、体積が大きくなるので
意外にインチが上がるとタイヤの径もおおきくなります

 

タイヤ直径サイズ

 

20インチ1.10幅

 

タイヤの溝選びは走行性能選び

タイヤの溝の種類によって
走行の感触が変わります。

 

シュワルベの
マラソンレーサーという

 

一つの商品だけでも違いがあり

 

ポイントは

 

タイヤ溝のデザイン外見的要素

 

デザインは機能の理由があるので性能的な要素

 

 

その溝の種類もタイヤ径
インチサイズの違いはありますが
大きく変わるものから
微妙に年式により違うものなど

 

 

マラソンというタイヤ溝のデザインを
画像でご覧ください。

 

タイヤ直径サイズ タイヤ直径サイズ 
タイヤ直径サイズ タイヤ直径サイズ

 

色んなタイプがありますが、
管理人「ルート」は
シュワルベマラソンの
20インチ1.35タイプの
タイヤ溝がおすすめです

 

マラソンレーサー20×1.35

タイヤ直径サイズ 

 

 

というのもマラソンの中で
マラソンレーサーという商品の特徴は
溝に矢印的な形が施されてあるのが
なんともかっこいいです。

 

 

同じマラソンレーサーで16インチ×1.5サイズは
矢印の形がセンターに1本

 

20インチ1.35タイプになると
この矢印が交差するように2本あるので

 

デザイン的にもバランスが整っているように感じ、
雨の日や水がある路面に本領発揮しました。

 

水はけ、とウェット時のグリップがしっかりしており、
だからと言ってドライが弱いのかというと
乾いている路面でも充分にグリップ力はあります。

 

 

そう他も溝のマラソンも
充分グリップもありながら、
耐久性がシュワルベブランドは,
持続性は抜群に良い製品です。

 

 

シュワルベデユラノ

同じシュワルベのメーカーブランドでデユラノ
20インチ1.10とミニベロの中で
細いジャンルになるこの製品は
サイドに少しだけ溝があり後はスリックタイヤで
ウエットドライともに使用できます。

 

 

確かにマラソンレーサーに比べると
ウエットや雨天の時に滑るリスクは高くなりますが
通常の路面であれば問題ありません。

 

 

タイヤの原因というよりも

マンホールや滑りやすい路面に

環境が影響つよいです。

 

滑りやすい路面というの

歩道で綺麗なタイル調です
過去管理人「ルートガーデン」は
今も忘れをしない名古屋で濡れた路面
ペダルを勢いよく踏み込んだ時に
後輪がつるっと見事に滑り、
バランスを失って尻もち
その時尾?骨を打ち息ができない
しばらく動けないという現象が・・
余談でした

 

 

ドライで乾燥した路面ではグリップ力は
溝のあるタイプよりしっかりして安心と
一般自転車でノーマルタイヤはナイロン
シュワルベはゴムの素材でできており
素材の違いから
クッション性、クリップ性、走行性能が良い
タイヤ直径サイズ 

 

 

 

 

他のメーカーブランド
Panaracer(パナレーサー) ミニッツライト PT [H/E 20X1.25]
溝のないスリックタイプのタイヤ、
見た目だと耐久性や弱いイメージあるのですが
タイヤを外して触ってみると
結構厚みがあってしっかりしています

 

ノンスリックのなでグリップの安定感はあり、
乗っていいても感覚的には充分な走行性能です。

 

タイヤ直径サイズ 
コンチネンタルスポーツコンタクト
20インチほぼスリックタイヤのタイプなんですが、
微妙にカーブ状の溝が入っています

 

管理人「ルート」は
フロントにコンチネンタル

 

リアにデユラノ

 

他社ブランドで乗っていますが
違和感はありません

 

タイヤの厚みがコンチネンタルが少し薄く、
デュラノが厚みのありました。

 

 

タイヤ直径サイズ 

16インチと20インチタイヤ比較画像

タイヤの大きさは実際に比較してみないとわかりません。

 

今まで複数台所有していた
管理人「ルートガーデン」なのに

 

ミニベロをそろえて写真を撮る機会がなく

 

思い立ったので撮影してみました。

 

これはタイヤと本体になります。

 

タイヤ直径サイズ

 

違います、並べてみると、フレームの長さや、
ホイールベースも違います

 

実際にタイヤの接地位置を意識してみると
ホイールベースが長ければ長いほど安定性あり
見た目が走りそうでカッコいい

 

ミニベロ複数持つ人、
管理人「ルートガーデン」は
4〜6台同時持つのが今のところ最大です

 

インチ違いのタイヤ
写真のように並べてみるこんなに違いは出てきます。

 

タイヤ直径サイズ

 

ミニベロにっとって
タイヤのサイズは性能は勿論、
デザインやフレームのバランスによる
いわゆる見た目の違いや感覚ができます。

 

タイヤの位置でホイールベースに
よって直進性も優れ行きます

 

画像のように16インチより20インチが長く
スタイルもスマートに見えます。

 

16インチの中でもホイールベースが長い自転車もあり

 

価格が20万円台しますが
モールトンシリーズです
特にブリジストンモールトンは
速く走るための小径車でもあり
ホイールベースが長い車種になります。

 

 

タイヤとフレームだけのサイズ比較

ドッペルギャンガー202と550の比較

ドッペルギャンガー

 

202ブラックマックス

 

550インチテゴラ

 

同じ20インチ(406)を横で並べてみました

 

タイヤは

 

ドッペルギャンガー202に
シュワルベクレイジーボブ20インチ1.85

 

ドッペルギャンガー550に
シュワルベデユラノ20インチ1.10

 

タイヤ直径サイズ

 

太さの違いがあるので、横から見ると
あまり違いはありませんが
色の配色やコントラストが楽しめます。

 

どちらの方が見た目の軽さを感じるか
黒は見た目の重量が白に比べて
1.86倍重く色彩心理で感じますが

 

202のクレイジーボブのホワイトの影響で
ふわふわ飛ぶように走る感覚が心理的にはありますが
実際は地面の吸いつきもよくて
グリップ力もあります。

 

 

550は足回りが黒なので密着感、
吸い付くイメージも持ちます。
重厚感や安定感が心理的に働き
あとは汚れが目立ちにくい利点もあります。

 

タイヤ直径サイズ
管理人「ルート」はフレームが黒、タイヤが白の配色はモダンで
シャープな感じがして好きです。この時にハンドルとサドルは
どのような配色にしようか楽しい考えどころです

 

このように同じ20インチの
タイヤサイズのミニベロを比較すると
タイヤだけすぐに交換もたやすく
クイックタイプであれば1分程度で交換可能です。