ハンドルは種類豊富で変えることで気分が変わる

自転車のハンドルといってもその種類はかなり豊富にあります。
写真でも見てもわかるように大きな分類だけも
5〜6種類、その用途とデザインは幅広く
それぞれの機能や特徴使い勝手が分かれます。

 

ハンドル種類

 

 

ドロップハンドル

競技、スピード、ポジションに特化した形
イメージとしては競輪選手の印象が強く
自転車をあまり詳しい人は
「あのハンドル曲がっている早いやつ?」という表現をよく耳にします

 

ドロップハンドルの中でも種類があり
シャロー
アナトミックなど


 

ブルホーンハンドル

競技の中でもトライアスロンなど直線的な道に使われ
今では街乗り、ピスト、ミニベロにかなり使われる
スタイリッシュなデザイン

 

管理人「ルートガーデン」はこのハンドルが一番好きで
ブルホーンハンドルに憧れてミニベロを乗り始めました。

 


 

 

 

 

セミドロップまたはプロムナード

この二つの境目が判断しにくいところもありますが
レトロ調、ポタリングのようなやんわり走る時に向き
しかしポジションの性能はドロップハンドルに近いです。


 

 

 

フラットバーまたはストレートハンドル

自転車といえばこのハンドルをイメージする人も多いでしょう、
ただ1本の直線なんですが、その形状は細かく分類され
マウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロ、シティーバイク
幅広く愛用されています。
ストレートハンドル、フラットハンドルの中でも
まっすぐストレートもあれば、少し湾曲、曲がっているタイプ
ライザー気味、上に少しだけ角度が付いているタイプなどもある


 

 

 

マルチポジションハンドル

日本ではあまり見ないハンドルですが、自転車の本場
ヨーロッパ、オランダなどではこのマルチポジションは起用されています。
マルチポジションという名前だけあって、手を縦置き、横置き、斜め置きと
多種多様で複数複雑なハンドルが握れます。
旅行用自転車ランドナーや長距離で実用車向けの自転車が多く見られます


 

まだ細い分類になると
更にハンドルの種類は豊富になり、カゴと一体型やBMXのような
急激に角度が付いているものなど
ロードバイクだとステム一体型、


ハンドルだけでもカーボン使用などなると4〜5万円台と
バリエーション豊かです。

 

ハンドル種類

 

ハンドル種類