初めてミニベロ購入する時の選ぶコツとパーツカスタム

ダホンカーブD7折り畳み方法

ダホン16インチカーブD7
自転車の折り畳み方

 

一般的なフレームのセンターで
折りたたむタイプです

 

ダホンは折り畳み自転車専門で
かなり有名で普及率が多く
シェアも広いメーカーの一つです。

 

折りたたむポイントは

 

ハンドル

 

サドルを低くする

 

フレーム、

 

この3点です

 

 

慣れてしまえば、畳むのに30秒
組み立てるのに1分程度で完成してしまう

 

折り畳みでも自転車としての
構造はしっかりしているので安心です。

 

DAHONCurve D7を更に軽量化

 

ハンドル

折り畳みはじめは
最初はハンドルからするといいでしょう。
クイックレーバーらしきシルバーのハンドルを

 

黒い留め具をずらしてレバー固定方向
上から、ロックを外す下に向けます

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7
黒いパーツが左に曲がるので、
写真の様に手で固定しながら
解放状態にします。

 

ダホンカーブD7
解放した状態で、ハンドルを固定する
レバーを下にずらしていきます

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

 

そうすると根元から
パイプハンドル部分が大きく畳めて

 

前輪のタイヤ側まで下げていきます。

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

画像は折り畳む箇所のピンポイト
ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

DAHONCurve D7を軽くカスタム

 

 

ハンドル完成図
ダホンカーブD7

 

 

 

サドル

次にサドルをクイックレバーを緩めて

 

 

床丁度か床から少しだけ
浮かすぐらいまで下げます

 

ダホンカーブD7

 

 

ダホンカーブD7

 

特に折り畳みだからというわけではなく
通常のミニベロ、自転車にあるような
シートポストのクイックレバーを緩めます。

 

ダホンカーブD7

 

そうすると固定する部分が緩むので

 

ダホンカーブD7
一気に下までシートポストが
下がっていきます

 

ダホンカーブD7

 

この状態でもかなりコンパクトになりますが

 

 

 

フレーム

最後のポイントのセンターフレーム
これも今までと同じように
黒い固定器具を緩めて

 

シルバーのレバーをフレームから
離しながら反対のほうに持っていきます。

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

そうするとフレームが折り畳めるので
前輪と後輪が接地するまで近づけます。

 

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

品質の良い折り畳み自転車は
大体フレームの横にある磁石で
固定できる専用パーツも備わっており
これは折り畳んだ時に外れないように
フレームが開かないようにするため

 

折り畳んだ時に磁石同士がしっかり当たるように
ハンドルの高さを調整しなければいけません。

 

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

ダホンカーブD7

 

磁石マグネット部分が合わさるとこれでぴったりくっつき完成です。

 

 

ダホンカーブD7

 

 

後ろに移っているのは
ドッペルギャンガー550の
20インチと比べて
16インチダホンD7のコンパクト具合が
わかると思います。

ダホンカーブD7関連ページ

折畳み方法
折畳みかたの解説
折畳時のタイヤサイズ
タイヤサイズで折り畳んだ印象が変わります。

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先