サトリのハンドルポジションチェンジャー

SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー

長身の人がミニベロを乗る時に
陥りやすい問題。

 

 

それはホールベースの
長さ=操作時のポジションです、
小径車は小さい分
コンパクトに仕上げられています。

 

 

 

175cmの男性が乗る場合は
日本制のミニベロは少し狭く感じます、
海外制なら日本人の体型に
対して余裕はあるものの、

 

 

自転車の値段など
手ごろに仕上げたい場合は
日本制が安いケースが
多くそれを手にしがちです、

 

 

けどハンドル幅が狭く操作しずらい、
その狭さを解消したものが
ハンドルポジションチェンジャーになります。

 

これは、どのタイプの自転車にも取り付けることが可能で、
しかも驚くほど簡単に速く取り付けれます
コツが分かり慣れれば3分でカスタム可能

 

 

ステム サトリ

 

 

取り付け前の状態です。

 

 

ステム サトリ

 

まずは取り付ける為に、外す作業を行います。
この六角レンチは軽量でコンパクトかなり便利な代物です。

 


【即納】Fix It Sticks 携帯ツールセット 【自転車】【携帯工具】

 

ステム サトリ

 

ものの数秒ほどで外せました。

 

 

ステム サトリ

 

ハンドル自体が外れた状態。ここまで外します。

 

 

ステム サトリ
ここでSATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラックが登場します。

 

ステム サトリ
仮止めでの良いのでひとまずとりつけます。

 

ステム サトリ
角度を調整します。

 

 

ステム サトリ
ハンドルをSATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラックに取り付けます。

 

 

ステム サトリ
そして固定していきます。

 

ステム サトリ
完成するとハンドルポジションが5cm前に出るので前傾姿勢が取りやすくなります。

 

ステム サトリ
上から見た状態。パーツの存在感は大きくなりますが、何かと便利な活用しやすい。
SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー ブラックでした。
Fix It Sticks スタンダード1 携帯ツール

 

 



ステム サトリ関連ページ

比較ハンドル
色々な種類のハンドルとその比較ポジションで機能とデザインも変わる
デュアルレバーの取付
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
バーエンド
小さいアイテムですが大きな機能の効果があるグリップ
シフター強引な取付
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
シフター取付
良いシフターギアを取り付けると変則がスムーズでスピードが落ちない
ハンドル種類
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
グリップ
グリップを交換するだけで乗り心地がかなり変わります
ステムの種類
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる