内装ギアでのチューブ交換は外装ギア違内装ギア自転車編

内装3段のタイヤトとチューブの交換方法

タイヤの交換方法で交換前に気をつける事。安全上ご本人の責任のもとに交換することです。チューブおよびタイヤ自体の交換するとき、まず本体フレームからタイヤを外さないといけません

 

 

全体の作業の流れとしては

 

手順はハブ部分ナットを緩める
チェーンをタイヤから外す
タイヤを交換し本体に取り付ける

 

 

まずタイヤを本体から外す作業を行います。

手順はハブ部分ナットを緩める

前輪はナットやハブ部分を緩めればタイヤはほとんど外れますが、
問題なのは後輪でチェーン自体をタイヤから外さないといけません。
画像はギア内装型の自転車でタイヤ位置調整ネジを外し、
本体固定ネジを緩めます。
内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換

 

 

チェーンをタイヤから外す

タイヤの固定ネジを緩めると
本体と繋がっている部分はチェーンになります。

 

このチェーンをべダルの部分
クランクを逆回しすると外しやすくなり、
外ればいよいよタイヤを本体から離します。

 

ここでブレーキの種類によって
取り外しにコツがありますが、

 

カンチブレーキ写真のような
カーブしたペンチみたいなブレーキは
タイヤに空気が入っていると
外れにくいので事前に空気を抜きましょう。

 

内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換

 

タイヤを交換し本体に取り付ける

まずタイヤ交換時に必要な道具がタイヤレバーになります。ホイールとタイヤ、タイヤチューブを分離し外すために必要不可欠な道具で必ず準備してください。
Panaracer(パナレーサー) タイヤレバー [3本セット] PTL
このタイヤレバーを画像のようにタイヤの根元からほじくるようにひっかけ、スポークにひっかけ固定します、タイヤレバーは基本3本セットの販売なので、全てひっかけながらタイヤの120度ぐらいの範囲内で3本使いタイヤ自体をホイールから外します。外す前にチューブの空気を入れる部分の下のナットを確認できるでしょうか、これを全て外しておかないとチューブ自体も外せません。
内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換
内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換
内装3段自転車チューブ交換 内装3段自転車チューブ交換
これで外す作業は終了になります。画像を逆にたどるようにして取り付け作業を行います。
   

 

基本は料金がかかりカスタム幅が少なくなりますが、
自転車屋さんで交換するのが無難ではあります。

内装3段自転車チューブ交換関連ページ

タイヤ交換取付(デュラノ
SCHWALBEシュワルベ Durano 20×1.10(28-406)ドイツメーカーのタイヤ
太いタイヤ交換
太いタイヤの交換方法
白タイヤ交換カスタムDP330
色見で自転車の印象が変わるクラッシックでPOPな色合わせ
ホイール部分のメンテ
ホイール部分の修正
Vブレーキパット交換
ブレーキ力、停止性能の高いブレーキ
Vブレーキ本体取外し
ブレーキ部分の性能向上とパーツ軽量化折り畳み自転車輪行に必須なカスタム

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先