自転車タイヤの表記がある数字の意味

タイヤの側面にある数字が色々あります
例:20×1.50
20というのはタイヤの直径20インチ
1.50はタイヤの幅で同じく1.50インチ
この記事は1.50の表記にある
タイヤの幅で比較などしています

タイヤの太さをを測る数字×1.50インチ

自転車ミニベロにおける
タイヤの幅は重要です
規格サイズの20インチ(406)なら
1.10から1.75インチ
この数値は一般的によく目にする数字
2.00や2.35などもあり
そもそも1の単位は

1インチ = 2.54 センチメートル

タイヤサイズ幅違い見分け方
今回はミニベロに一番豊富な種類の
タイヤ規格サイズがある

20インチ406サイズタイヤ幅で比較します

 

画像である程度理解できるように
幅の見た目で違いに差があり機能も変ります

 

細かい知識がない場合
まずは見た目重視で選択する一つの方法です

 

幅が細いタイヤと幅が太いタイヤ比較して
並べると違いがよくわかります

 

タイヤサイズ幅違い見分け方
すべて20インチ(406サイズ)
左から「1.10」 「1.25」 「1.35」 「1.50」 「1.75」
という幅のサイズで
ミニベロや自転車でノーマル仕様は
一般標準サイズは1.50〜1.75が多い
タイヤサイズ幅違い見分け方

 

タイヤインチ表記からセンチ表記変換

1.10インチ = 2.79 センチメートル

管理人「ルートガーデン」の好きな
シュワルべデュラノ=20x1.10
20インチで一番幅が細いのは
0.90というものがありますが
1.10がコストと性能に見合ったサイズで
購入しやすいロードタイプのタイヤサイズ
推進力あり空気圧は高いので転がり良く
スピードは出やすい
20インチでも1.10は
406サイズと451サイズ両方ともあります

 

 

1.25インチ = 3.17 センチメートル

管理人「ルートガーデン」は1.50の幅から
初めて細い空気圧が高いタイヤに変更する時
使用した入門編的存在20×1.25
パナレーサーミニッツシリーズ
まさに入門編として価格も安く購入しやすく
使われている人も多く利用されています

 

感触は高圧なのにシュワルベと比べて
タイヤが柔らかいタイプで軽量が特徴

 

不思議とシュワルベのタイヤには
この1.25サイズの幅はありません

 

1.35インチ = 3.42 センチメートル

沢山の幅のタイヤサイズを乗って
たどり着いたマルチタスクなサイズ
20×1.35の代表的なタイヤは
シュワルベコジャック

 

20インチ1.35のコジャックは
6万円以上ミニベロ標準装備で溝がスリック
タイヤの横に大きく「KOJAK」のロゴが入り
タイヤだけで高級感を感じます

 

感覚的にタイヤのクッション性あるのに
キビキビ走えい剛性もあるコジャック

 

1.35はスピードと耐久性の両方を
バランスよく兼ね備えている印象があり

 

コジャックとは別に後で紹介もする
マラソンレーサーはブロンプトンの
サイズにも適し耐久性が安心

 

 

1.50インチ = 3.81 センチメートル

20インチはじめタイヤの王道サイズ幅
1.35のサイズが管理人「ルートガーデン」は
バランスが良いのは個人的見解で

 

一般的な市場は20×1.50サイズが
走行と耐久性に優れてデメリットを
あえてあげるなら重い
特に安いのは500g以上なのに
耐久性が弱いタイプもあります

とは言えミニベロの中で標準装備
ノーマル状態で最も普及され
スタンダード幅の1.50
多数のメーカー
●シンコー
●パナレーサー
●ノーブランド
●ミシュラン
●マキシマム
●シュワルベ
他多数

 

色も豊富にあるサイズも魅力的なポイント
シュワルべマラソンは
特にその耐久性はとても評価は高いです

 

 

1.75インチ = 4.44 センチメートル

ツアーや長旅用の自転車に
取り付けられている幅20×1.75
1.50の次にスタンダードなサイズでもあり
BMX的なアクロバットや
マウンテンバイクなどにも
適応する幅で1.75を基準にして
それ以上の数字は太いタイヤの認識でも
間違いないでしょう

 

2.00インチ = 5.08 センチメートル

太い幅のタイヤ20×2.00
この規格は
1.95
2.00
2.125
2.35
複数あり太いタイヤはまるで
BMXに乗っているようで
街でかっこいいデザイン
代表的なタイヤはビックアップル
走行性能はスピードクッションともに
バランスよく仕上げられています

 

タイヤが太いという事は
直径も大きくなるので
20インチ406規格の1.10と2.00では
回転数比率が変り存在感は大きく
これより更に多き幅もあります

 

 

タイヤのサイズ比較画像

タイヤサイズ幅違い見分け方
ノーマル標準車に多い1.50~1.75のサイズで
しばらく走っていると細いタイヤが乗りたくなり
1.10のシュワルベのデュラノを履くと
タイヤが転がるという表現はまさにその通りだと感じるぐらい細いタイヤ機能を実感

 

タイヤサイズ幅違い見分け方
やはりシュワルベのタイヤは
特に履き心地が良い経験上では

 

他のメーカーでは
KENDAの1.25
パナレーサー1.25

 

この1,25も1.50から変更した時も
飛躍的な変化ありましたが

1.10に履きかえるとも神レベルの変化

タイヤサイズ幅違い見分け方
ある程度1.10で走っていると
バランスも意識したり
スピード感を存分に味わえます

 

 

ですが色々な細いタイヤ幅を乗ってみると
2.00以上太さのあるタイヤにも乗りたくなります

 

 

色々な太さのタイヤに乗ると
気づいたことが街乗りに一番ぴったりな
シュワルベマラソン20×1.35
レビューにもあるように
取り付けが固いのですが
その硬さが耐久性と機能を持っています
取り付に時間はかかりますが
週3、4日15kmを2年使用して
パンクが一度もありませんでした

 

これはある程度の細さと太さもあり、
感覚的には走行性能は1.10ほど
早く感じませんがが
段差のクッション性やグリップ力
街乗りの自転車タイヤの為に
生まれたような幅

 

 

 

これからは
20インチ×2.00なども
視野に入れていきたいものです。

 

タイヤの幅によって自転車の
イメージも変わってくるので
同じフレームでも細いと
ロードレーサーぽく
太いとファッションや
BMXなどのイメージに変わります

16インチと20インチ(406)と20インチ(451)タイヤの大きさ比較

実際タイヤを並べて比べてみると
大きさや微妙な違いの感じます

 

管理人「ルートガーデン」も今まで
ミニベロ複数台所有しているにも関わらず
比べて並べることがありませんでした

 

そこで並べてみましたが実際見てみると
タイヤサイズの違いが歴然と感じます
タイヤサイズ幅違い見分け方
主観ですがファニーバイク
前後異径サイズのタイヤの自転車が
デザインバランス的に好きなので
いずれは20インチ内の組み合わせで
フロントタイヤ、前が20インチ406、
リアタイヤ、後ろが20インチ451
前後異径のミニベロをカスタムしようと
イメージを膨らませてしてみました

20インチ406と451の違い

タイヤサイズ幅違い見分け方
既製品ではもう廃盤になっている
ブリジストントランジット
前輪16インチ後輪18インチ
ミニベロのファニー代表的な車種でもあります

 

20インチ1.25と1.50の幅の違い

タイヤサイズ幅違い見分け方
同じ20インチの径でもタイヤ太さ横幅
サイズが違えばまた別の物に見えてきます

 

画像のサイズは
20×1.25 (406)
20×1.5  (406)

 

20はインチサイズ
1.5は一般的タイヤの幅にあたり
画像は左が1.5、右は1.25

 

 

幅が変わればタイヤの厚みも変わるので
20インチ406でも
細いタイヤなら円の直径が小さく
太いタイヤなら円の直径が大きく
走行性能や感触も変化あり

タイヤ幅サイズのまとめ

 

タイヤの幅に対して変わってくるイメージ

 

タイヤ幅が細いのはかっこよくスピード感

 

タイヤ幅が太いとワイルドで存在感

 

それぞれ楽しみがあり気分に合わせて
ホイールに余力の数があれば
ホイール丸ごと交換するもの
いいかもしれません

 

 

タイヤを交換すると細さに太さに合わせて
チューブの変更もしなければいけません、
ホイールの幅も対応できるものと
できないものもあるので取り付けはご注意を