18インチのタイヤ種類走行性能上がる簡単な方法

18インチ1.25のタイヤ比較

18インチのタイヤサイズ幅は種類が少なく
18×1.25
18×1.50
18×2.00

 

3種類が主流になり細身のタイプで
スピードを意識したタイヤ交換をします

 

この2種類
18インチ1.25

 

シュワルベコジャック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SCHWALBE(シュワルベ) タイヤ KOJAK(コジャック) 18×1.25
価格:4957円(税込、送料別) (2017/1/21時点)


 

パナレーサーミニッツライト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panaracer パナレーサー ミニッツ ライト PT 18x1.25
価格:4492円(税込、送料別) (2017/1/21時点)


GIZA18インチの同じ車種の色違いで比較予定

 

管理人「ルートガーデン」はシュワルベをよく利用しているが
ノンスリック(溝のないタイプ)は利用する事が無いことに
この18インチを購入する時に気が付きました

 

 

20インチ×1.10のデュラノもノンスリックと言えばそうなんですが
サイドに微量な溝があり、パナレーサーの20インチ×1.25で
乗ってました、結構軽快でスムーズに進む感触が残っています。

 

重さは軽量シリーズ

 

コジャック167g
18インチ1.25

 

ミニッツライト148g
18インチ1.25

 

その差は19g2本で38gの差が生れます
こだわっていくとこの38gの微量な数字は大きな差に感じるでしょう

 

街乗りであh18インチ1.50からのタイヤ交換で
100g台に変わっていくだけで十分な軽量化と言えます。

 

実車には関係ないがパッケージは
シュワルベの方が豪華です
18インチ1.25

 

ミニッツライトはごみが少ない
18インチ1.25

   

18インチ1.25関連ページ

タイヤの幅
タイヤの表記20×1.50の見方とその理解方法
タイヤサイズ違い
実際に横並びで並べるとサイズの違いが歴然と分かる。
16インチタイヤ
16インチのタイヤもいろいろ
雨天マラソンレーサー
雨の日の環境でタイヤの変化を検証
シュワルベ (ブランド)
タイヤもいろいろあり
クレイジーボブ20inch1.85
少し太めのタイヤBMX用クレイジーボブ
クレイジーボブ装着
クレイジーボブ装着イメージの画像
パナレーサーBMXフリースタイル用
白いタイヤを取り付けると自転車本体の印象も大幅に変わります。
赤いタイヤ
カラータイヤの印象はガラリと変わる
マラソンの種類
シュワルベのマラソンとマラソンレーサーの違い
ケンダ16インチ
16インチのケンダタイヤ
米式バルブ
車と同じ空気圧のバルブ耐久性は高い
仏式から英式の変換バルブ
空気入れの規格形式を変換するアクセサリー的パーツ
仏式バルブ
フレンチバルブの空気の入れ方に少しコツがあります
リムテープ
タイヤもいろいろあり
チューブの太さ
チューブにも太さがあるので規定に合わせる
18インチ1.65
マラソンレサー18×1.65の特殊なサイズ

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先