自転車用の道路、日本にも普及が随分増えてきました。
専用道路の利点として、自転車のみなので、一般道に比べると安全
歩行者が歩いていないのしんぱいが無い。

 

河川敷などは長距離にわたり続いているの、
サイクリング、ポタリングが楽しい。

 

一般の道路でもより普及率が増えるようにと願うばかりのカテゴリーにもなります。

自転車道路事情記事一覧

ミニベロ、ヨーロッパ、自転車専用道路、自転車、専用道路、自転車通勤、自転車通学、自転車購入,自転車文化,自転車専用道路普及

自転車専用道路日本も普及し自転車専用道路が多くなりました。根本的に専用道路ができても人々の意識うが変わらない限り自転車専用道路の効果が薄くなります。自転車文化の進んでいるヨーロッパでは自転車専用道路があり、同じスピードということもありバスと同じ車線にありあます、人々のそういった文化決まりごとができあがっているので歩行者、自転車、車道の振り分けがはっきりしています。ドイツに行った時の写真ですが、日本...

自転車専用道路

公道を開放する自転車専用道路。最寄りの駅が東京駅という日本の中心である東京皇居に隣接する内堀通りが毎週日曜日10:00〜16:00の間一部自転車専用道路になります。その日は多くのサイクリングを楽しむ人、ロードレーサーでトレーニングする人で賑わいます。レンタルサイクルもあり、その時間はタンデム、2人漕ぎ用の自転車も貸出中子供の自転車練習場所にも最適で、近くに広場もあり環境が整った場所でもあります。

自転車専用道路

ミニベロ始め自転車の日本の道路事情はまだまだ整備されていません。注意したいポイントは、道路で走行する時に、自転車の走行道路は専用道路があれば一番左、無くても一番左の端のほう。ロードやタイヤは細いタイプのミニベロ自転車は排水溝やマンホールに注意したいところです。走っていて写真の様な所にほんと偶然的にこの溝にタイヤが入ってしまい。走行する時に溝に入り、ハンドル操作を取られる場合が稀にあります。ロード系...

自転車専用道路

ミニベロ 自転車専用道路の変化京都にいってきた時、京都は盆地で自転車に向いている土地もあることからしっかりした自転車専用道路がありました。それはまさに自転車の案内表示ですが、京都は道路は一方通行が多く、ひとつの道も狭いタイプです。そうなると自転車自体も道路のどのへんあたりを走ればいいか何も書いていない場合悩みます。京都の道路は歩行者、車、自転車と3種類の交通量の為、ひとつの道路に自転車自身の走る方...

とても完成されている自転車専用道路だと思います自転車道路の中にも進行方向が書かれてあり道路と歩道の区別もはっきりしているので迷わない。しばらく進んでいると更に感動です 歩道の境目には草木、車の境目にはガードレールドイツやヨーロッパクラスに完成された自転車専用道路でここは走行していてもかなり快適に走れました。