街乗りやオシャレに自転車に乗るときの服装

ファッションを意識して自転車に乗る

ミニベロ、自転車に合わせて、
服装も合わせていきたいものです。

 

カラー色の種類を統一したり、
補色の組み合わせ、
モノトーン単一色グラデーション

 

自転車のアクセサリーに色を変えて使ってみたり

 

身近ですぐにできるのは

 

ロック、鍵、チェーン、ワイヤー。

 

ベル、ライトなどは本体の購入と

 

同時基本は必須な部品なので

 

工業色、黒、グレー、白以外に
探したいところです。

 

一番のヘルメットのファッション特に意識したいものです。

 

自転車ファッション記事一覧

カラーで選ぶイエロー

自転車本体以外にもアクセサリーパーツを装飾する事で色々気分転換でき遊べます。パーツの分類はサドル、ハンドル、タイヤ、シートポストなどアクセサリーの分類はライト、ベル、キーロックカゴ、スタンド、キャリア自転車を色で遊ぼうとして、色選びでつい保守的な色に走りがちになります。確かに服でも派手な色よりスタン...

≫続きを読む

ヘルメットデザイン

自転車を安全に乗るために必要なアイテムヘルメットなんですが多くは、ロードレーサーやレースで見るような、穴やギザギザのある本気で走る、もしくわサイクルジャージでないと似合わないヘルメットになります。いや〜そこまでミニベロで街乗りや通勤、通学、ポタリングレベルで私服に合うようなカジュアルなヘルメットなん...

≫続きを読む

ボトムパンツコーデ

ボトムのインナースパッツについて悩みます。ピタピタで自転車に乗っているときは良いんですが休憩で飲食店やカフェでお店に入るとき妙な違和感を感じます。けど機能的にはサイクルジャージは専門的な服なので使用はしたいものです。そこで街乗りベースで考えて重ね着をすることをお勧めします。季節によって冬は長いロング...

≫続きを読む

紫外線対策のサングラス

花粉に続いて、温かくなり日差しも強くなる紫外線が多くなるこの時期に必須なファッション機能アイテムはサングラスになります。特に網膜が傷まないよう注意すべきでしょう。自転車は曇りや雨の時はあまり乗る機会が少ないので必然的に良く晴れた日差しの強いときにサイクリングやツーリングで乗る頻度が高くなり肌のUV対...

≫続きを読む

7分丈の法則

自転車ファッションのおすすめ管理人「ルートガーデン」はもともと7分丈というのが好みですそれは膝や肘の関節が見えない、それでいて自転車にとってはペダルを漕ぐときのクランクとチェーンの間にパンツの裾巻き込みがないこと靴にポイントが持っていきやすい上着も7分丈が好みでこれも手のハンドルさばきの時ポジション...

≫続きを読む


管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先