カーゴ系ミニベロ記事一覧

IKEAに遊びに行ったときに、壁面にこの自転車が写ってましたなんだこの自転車、荷物が最大限に載せることができるヨーロッパの自転車BULLITT(ブリッツ)といいます。まずその積載重量というと最大100kgえっ!100キロですか!すごいそんなに重量100kgを例えると50kgの二人載せれば走るのが遅くなるのでは?と思うのですが、リアカーや載せるために設計されている自転車で荷物をのせる前提の設計にして...

ルイガノのMVシリーズで登場しましたミニベロのカーゴバイク、通常のMVシリーズに比べてフレームホイールベースが長く、推進力があるように設定されています。唯一同じMVシリーズでは電動自転車のMV−Eが同じくフレームサイズが長く設計されています。このMV CARGO エムブイカーゴは後ろのリアキャリアが常設されてあり自転車のカーゴバイクが見直されたのは2011年3月11日の東日本大震災以降地震があって...

ふと自転車で走っていると、街で見かけたカーゴバイクがありました。元々カーゴバイクミニベロではないように思えます。しかしかごの使い方が上手に使えて、タイヤの太さとのバランスがいい感じです。フレームがマットブラックで仕事するミニベロ自転車というスタイル内装のドラムブレーキと予想されます今までの普及している、外装のドラムブレーキはキーキーとなりやすく、内装のドラムは軽量でコンパクト劣化しにくいのも特徴で...

ドッペルギャンガーロードヨットフレームにカゴがあるので実際に荷物を載せてしまいました。何を載せたかというと24本の缶をまとめ買いしたので結構重たいですがしかし結構安定して走ることもできました。走行距離はおおよそ6キロメートル、時間は25分ぐらい晴天で勾配差もある道車道が半分、一部歩道で段差も少しありで走行スピードは平均時速12km速すぎず、遅すぎずといった感じで少しかごの中身を5分おきぐらいに落ち...