メンテナンスすると走りやすい

自転車の駆動力が上がるバーツ

チェーンオイルを良い物に交換やメンテナンスすると
回転効率が上がり、ペダリングが楽になるため
自転車駆動力が良くなりスピードが上がります。

 

自転車の下半分のメンテナンスはタイヤ、クランク、チェーンが主要なので
スピード走行性能にかかわる為デザインというより機能が重視で。

 

ハンドル周りのカスタム装飾によるパーツ交換に比べると
自転車の知識も少し必要になってくる箇所ですが
メンテナンスから初めて少しづつ行っていけば良いと思います。

チェーンやオイル記事一覧

チェーン交換

チェーン交換 自転車のチェーンの交換と聞くとかなり専門的な知識と経験が必要な気がしますがチェーンカッターという専用器具があれば想像していたより簡単に交換できます。ではどのような時にチェーンの交換が必要かというと、フレームのみ購入しパーツを組み立てていく時古いチェーンで新しいものに交換する時クランクのギアを大きくし...

≫続きを読む

チェーン掃除

掃除する時は油の汚れを落とすには、専用の洗浄剤が必要になります。いろんなタイプがあるのですが、手軽にできるのはスプレータイプ。WAKO'S/ワコーズ チェーンオイル CHL チェーンルブ A310 180ml と チェーンクリーナー CHA-C 非乾燥タイプの洗浄スプレー A179 330ml のセ...

≫続きを読む

オイル潤滑材

ワコーズ CHL チェーンルブ 180ml駆動系のメンテナンスはチェーンの潤滑油がポイント自転車を走らせる重要なパーツとしてチェーンがあります、素材は金属なので、使用していくと劣化し動きが悪くなります。そこで必要になるのがチェーンオイルになります、今はスプレータイプで楽にメンテナンスができとても重...

≫続きを読む

ハブのグリス

自転車自体に車体が見える範囲を洗浄したりメンテナンスする事は見た目が綺麗になり乗っている本人も満足度が高くなります。ですが実際に走行する場合は見えない部分にを分解しメンテナンスする必要があります。走行性能のを左右するハブの中身、ホイールの回転数=タイヤの転がりそれは結果的に少しの漕ぐ力で進む力推進力...

≫続きを読む


管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先