軽量自転車のコツは分解し必要最低限のパーツで使用する事交換アレンジを行う作業

クランクを少しだけ軽量化

クランクを少しだけ軽量にします

 

クランクの種類も様々ありますが
今回はシングルの52T
アルミクランクになります

 

クランク軽量

 

ガードの内側片側を取り外すこと
クランク軽量
ガード分が軽くなりほんの少しですが
軽量化できます

 

クランク軽量

 

 

ガードが無くなった分チェーンが外れる可能性は

クランク軽量
実際にガードが無い分
ついてい時と同じかと言われると

 

同じではありません外れる確率も高くなります

 

クランク軽量

 

しかし実際に外れたかというと
後輪6速ギア、ボスフリーハブの場合は
一度もチェーンが脱輪外れたことがありません

 

ドッペルギャンガーロードヨットに取り付ける為

クランク軽量
ドッペルギャンガーロードヨット330の
ノーマル状態であればクランクは40Tと
小さいギア比なので

 

スピードアップしたかったので
52Tに変えました
取り付け画像
関連記事1:DP330荷物が安定して積める
関連記事2:DP330黄緑カスタム

 

 

クランク軽量

 

 

 

 

クランク軽量

 

クランク軽量

クランクのチェーンガード

 

 

 

クランクをノーマルな状態から少し軽量化にする方法

 

チェーンリングカバーまたはバッシュガードを外していくことです

 

その出来事はDP330のノーマルクランク40Tから

 

52Tに変更するのにバッシュガードを外さないとペダリングができなかったためです

 

取り付けた状態
クランク軽量

 

一見外から見ると変化がないのでわかりにくいですが
この取り付ける前に内側のバッシュガードを取り外しています

 

内側のチェーンリングカバー取り外した状態

クランク軽量

 

この機会で感じたのは、もともとバッシュガードなどないものは軽量化できないが
ついているものは気分によって取り外しができるかなと

 

これを応用すると

 

バッシュガードを交換する事で機能面ではなくて
装飾性のアレンジがしやすいので

 

カスタムのポイントです
駆動系のパーツ部分ですが
バッシュガードがなくても自転車は駆動するので
アクセサリーの分類に仕分けできます

 

その装着は
クランク軽量
この黄色い丸印の部分がネジになっています
ここを緩めて外し、締めて止める

 

とても単純で簡単に交換できる部分です

  

クランク軽量関連ページ

ハブを分解
自転車の駆動力ホイールの回転率を向上させるハブのメンテナンス
ギアボスフリー交換
変速ギアの後輪の交換ギアには2種類の取り付け方法があった
ディスクブレーキ分解
ステム角度変える方法
ステムの角度を可動域内で角度を変える方法
クランク40T→50T
10T歯数を増やすこんなに走行性能が変わる
組み立て
フレームからフロントフォークタイヤ取り付け完成品

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先