自転車の無灯火を無くしたい

自転車夜間点灯について

 

ズバリです夜間、または日中でも薄暗い道路
見通しの悪い道路を走る時
必ずライトを点けましょう

 

まずライトを付けないいわゆる
無灯火の状態だと

 

交通事故のリスクがはかなり高く

バイク
自転車
歩行者

 

全てに対して危険な状態になります

 

道路交通法第52条で
(夜間)ライトが付いていない
自転車に乗ることは犯罪です。

 

第五十二条
車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。
以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。

 

道路にあるときは、政令で定めるところにより、
前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火を
つけなければならない。

 

政令で定める場合においては、
夜間以外の時間にあつても、同様とする。

 

 

とこのように法律用語で難しいことは記載にあるが
シンプルに明りを付けて

 

まず自分の走る方向に運転者の視野を確保

 

それと同時に他者
対向者よりも

 

むしろ同じ方向で
進行している事に注意

 

なぜかというと
対向車は交差する時間は早いものの
お互いが視野の中にいるので
注意が集まりやすいが
同じ方向では先頭の車両(自転車も同様)
牛るになるので視野にありません

 

注意するにも非常に困難であるという事がわかります

 

特に左折する時や一時停止での
降車乗車でのドア開閉時に
衝突事故が起きる確率が高い

 

二輪車

車と違いドアの開閉はないものの
同じ車線内で進路変更が可能な為
右左折移動時に注意力が低下する

 

 

歩行者

確実に見えません自転車の場合音も少ないので
後ろから近づいても歩行者はほとんど気付くことないでしょう
ライトが点灯する事で地面に明りが照らされるので
後ろの気配に気づきます

 

そして自転車のライトに点滅ライトもあります
点滅と点灯では役割が変わり
管理人「ルートガーデン」も過去点滅で夜間走行していると

 

警察にとめられました、その時の説明は

 

「車やバイクの前照灯は点滅ありますか」

 

「いや〜ないですね」

 

半分納得するが半分疑問です
ではなぜ点滅ライトを販売するのかという謎

 

 

前照灯の点滅

主に自分の存在を周囲に
知らせ前を道路状況の情報を
確保するものではありません

 

前照灯の点灯

暗い道を照らし見えるようにするため」
同時に点灯すれば存在も
周りのに知らせます

 

 

前照灯は点灯
もしくわ点灯と点滅

 

尾灯は点滅

 

これが理想的なスタイルです

 

そして管理人「ルートガーデン」は
大きなライトをあまり好まないので
比較的ハンドルバーと同じ存在ぐらいの
ライトを選んでいます
ポイントUSB充電タイプがコンパクトで

 

   

 

実際走行してみると広角域の光で
街灯が50mおきぐらいにある街では
全く問題なく認識され走行できます

 

100〜200mおきの街灯だと
前照灯を中心としてのタイプでないと
厳しいでしょ

夜間無灯火関連ページ

自転車通勤

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先