自転車利用するメリット、デメリット、特徴など

自転車通期、通学のもう一つの視点

自転車は排気ガスを出さずに、エネルギーを消費せずにモーターに次いで移動距離が広い乗り物です

 

CO2排出ゼロ、人力で動くわけですから、人間の食べて、運動した分が消費される
環境破壊はせず、環境保護する、循環型乗り物としての位置づけもできるでしょう。

 

 

ただ車社会の便利さを体験しているので、自転車の早さや手間や時間を車と比べると
あわただしい現代社会にはあまり向かないのかもしれません。

 

ですが自転車の流行と性能が上がるにつてれ、東京や大阪、福岡、名古屋、札幌など
集中型の都心で、特に東京では
近距離、5キロメートル、10キロメートル、15キロメートル、20キロメートルなどであれば
交通機関の乗り換え時間など考えると、目的地のドアTOドアでみるならば
意外に交通機関より早く着いたり、交通機関とさほど変わらない時間など

 

管理人「ルートガーデン」も以前東京の葛飾区柴又から港区虎ノ門の間34.8キロメートル
約35キロメートルを毎日自転車通勤で利用していました、もちろんミニベロで
それでも電車なら扉から最寄駅徒歩10分、電車乗り換え含む40分、駅から職場徒歩6分と
全体でみると56分、この時乗り換え移動時間はありません。

 

しかし自転車通勤は65分ぐらいで到着するので、大きく変わりはしないと思いはじめました。

 

もちろん雨や風、寒暖の環境もありますが、

 

ポイント

 

交通費がかからないということ

 

通勤では満員電車のぎゅうぎゅう詰めのストレスを受けなくて良い

 

ワザワザ、フィツトネスジムに通わなくても、移動自体で運動になっている

 

途中寄り道ができるんので、電車ではわからなかった自分だけの穴場スポット、お店を見つけやすい

 

違うルートで帰宅も可能なので気分転換しやすい

 

など色々電車は電車のメリットもありますが、自転車にしかない特徴とメリットもあります。

 

通勤の仕方を変えるだけで、環境の保護もできるというメリットもあります

 

環境を改善、守る意識のある人は自転車通勤もおすすめかもしれませんね。

 

自転車通勤関連ページ

夜間無灯火
自転車を乗るときは杖k手置きたい

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先