フレームから自転車を組み立てるパーツ交換アレンジを行う作業

自転車フレームから組み立て

自転車カスタムをしているとこんなパーツ
あんな部品をここに取り付けたらと発想が広がりますが

 

実際に組み立てる時には部品の仕組みや取り付け方
組み立て方法の知識が必要になってきます

 

今回は太いタイヤシリーズを組み立てて
今まで保管をしていドッペルギャンガーインテルラゴス550のフレームを
引っ張り出してBMX風タイヤとシュワルベビックアップルを
コーディネートしてみました

 

基礎組みのフレームフロントフォークタイヤ

組み立て

 

後輪を取り付け

組み立て
どこからでも特に順番はありませんが
なんとなく後輪からしたほうが安定感あるかな〜と
いう事で後輪最初は調整などしないので

 

組み立て

 

チェーンだけギアなど絡まないように注意すれば
あとはこのタイプの後輪はナット式なので
フレームに合わせてひっかける

 

 

フロントフォークはタイヤを取り付けて組む

組み立て
これもフロントフォークをフレームに付けてからでもいいのですが
今回は完成図を早く見たいという衝動に駆られて
タイヤを先に取り付けてフレームに取り付ける準備

 

関連記事:フロントフォークの交換

 

組み立て

 

この時である程度形になることで出来上がった達成感を味わえます

20インチ406サイズ太いタイヤの取り付けポイント

太いタイヤと取り付ける時
幅でいうならば
20×2.00
20×2.15
タイヤとフレームまでの距離に隙間があるかどうか

 

関連記事:タイヤ406と451

 

この関連記事のように幅が太いタイヤになると
同じサイズでも直径が広くなるので稀に寸法が合わない場合もあります

 

リア
組み立て
寸法は測っていませんがこの隙間なら充分走行可能

 

フロント
組み立て
リアとともに同じようにフロントフォークから距離があるので問題なし

 

このポイントは組み立ての時注意するところです。

組み立て関連ページ

ハブを分解
自転車の駆動力ホイールの回転率を向上させるハブのメンテナンス
ギアボスフリー交換
変速ギアの後輪の交換ギアには2種類の取り付け方法があった
ディスクブレーキ分解
ステム角度変える方法
ステムの角度を可動域内で角度を変える方法
クランク軽量
少しでも軽量化するコツは必要最低限の部品のみにするという事
クランク40T→50T
10T歯数を増やすこんなに走行性能が変わる

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先