フロントフォーク取り付け方法とその交換方法

フロントフォークの交換で大きくイメージが変わる

自転車のフレームの次に重要で印象の大半を占める
フロントフォーク、このパーツを交換するとフレームに続いて
自転車の性能や印象がかわぅてしまいます。
入れ替えた場合の状態を比較しました。

 

 

フロントフォークの交換
同じドッペルゲンガーのメーカで
ドッペルギャンガー550 Interlagos 20インチ コンパクトロードバイク

 

ドッペルギャンガー20インチ折りたたみ自転車 blackmaxのフレームを使用

 

フロントフォークの交換
自転車のパーツの交換を覚えると
自分の好きなようにカスタマイズできるので
よりオリジナルのミニベロ自転車が完成します。

 

 

フロントフォークの交換
このドッペルギャンガーは
金銭的に本当にカスタムしやすく
気がつけばまた購入しています。
202のフレームで
違うタイプのフロントフォークを使い
既製品のイメージとはまた違った仕様にします。

 

 

フロントフォークの交換
もともとはDP550のフレームなんですが
試験的に取り替えます

 

 

フロントフォークの交換
二つとも28.6mm直径の(フロントフォークの太さ)
コラム径の対応なので付け替え可能

 

 

ひとまずフロントフォークを取り外すために、ステムを分解
フロントフォークの交換 フロントフォークの交換

 

写真のように六角レンチを使用し、ネジを緩め
ステムを取り外せるように準備していきます。

 

フロントフォークの交換 フロントフォークの交換

 

上の蓋的なパーツを取り外し
フロントフォークの交換

 

横のハンドルのかじ取りをするネジを緩めます
フロントフォークの交換 フロントフォークの交換

 

コラムスペンサーを外して
フロントフォーク本体が見えてきます
フロントフォークの交換 フロントフォークの交換
この状態になると外すのはとても簡単
というかフレームだけ持ち上げれば外れていきます
フロントフォークの交換 フロントフォークの交換

 

コラムの径が28.6mmか記録の為に計測
フロントフォークの交換 フロントフォークの交換

フロントフォークコラムの長さが明らかに違う

 

実際に202に取り付けてみる
フロントフォークの交換

 

フロントフォークの交換

 

取り付けてみて、全然合わないのが理解できます、
まずはコラムの長さが圧倒的に違います。
DP550は280mmぐらいの長いのに対して
フロントフォークの交換

 

DP202のフロントフォークを支えるコラムの長さは110mmです
なのでこんなに飛び手てしまいます。

ステムを固定することはハンドルのブレをなくすこと

 

フロントフォークの交換

 

フロントフォークの交換

 

フロントフォークの交換

 

本来ステム部分を固定する固定ネジ
画像は中におちてしまい
取り付ける場合苦労します。
画像であるようにステムを固定する。

 

フロントフォークの交換

 

フロントフォークの交換
これはこういうパーツがあるよという程度です

 

フロントフォークの交換

 

フロントフォークの交換

 

この一番再度のネジ穴が見えるんですが
これにステムのネジを固定して
上からプレスするように抑える状態を作ります。

 

フロントフォークの交換

 

フロントフォークの交換関連ページ

BMX用フロントフォーク
フロントフォークを色々変えてみる
フロントフォーク比較
長いものから短いものまでのフロントフォーク比較

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先