ドッペルギャンガー550カスタム

 

DP550 改造
フレームのバランスとホワイトカラーのミニベロ
フレームの形はルイガノのMV1シャープにした感じ

 

DP550 改造

 

ドッペルギャンガーの公式ホームページにも記載があるように
自分のスピードで乗る自転車とありますが
早くも乗れて、ゆっくりも乗れる幅広いコンセプトで
打ち出したミニベロドッペルギャンガーインテルラゴス550

 

 

早く最速に改造しました。

 

公式ホームページの写真↓
DP550 改造

 

ドッペルギャンガーインテルラゴス550カスタム後画像
DP550 改造

 

DP550 改造

 

見た目でノーマルのバランスとかなり違います。

 

このカスタムは、パーツ全ての値段が、
本体よりお金がかかってしまいました。

 

たまにしてしまいます、それなら違うもともと仕様が高い
本体を購入したほうが良いのではと・・・それはさておき

 

その後にドッペルギャンガーインテルラゴス550のカスタム
パターンを2つほど

 

DP550ドロップハンドル化

 

DP550BMX風

ミニベロに最速のパーツクランク歯数60T

ドッペルギャンガー 60T大径チェーン
以前から装着したくて気になって取り付けました。

 

DP550 改造

 

一言でいうと「最速です」

 

脚力がついていたのもあるのですが丁度良い感じです、
「52Tの14T」の組み合わせが標準のドッペルギャンガー自転車
スピードが出ないのでいつもリアはトップギア
それでもスピードを出すと空回りします。

リアの12Tで組み合わせが最速

ミニベロの欠点を見事にカバーした組み合わせの
クランク60Tとリア12T
DP550 改造

 

もう普段はトップギアではなく1速から7速ある中
3速とチェーンがストレートの状態でコンディションは最高。

 

この状態で52Tの時のトップ7速のギアなので
空回りしないですむので
脚力とのバランスが良いので走行が楽です。

 

2016年ごろから中華系のメーカーが
軽量で56Tや58Tのクランクもだしています
 
メリットは値段が安いと確かに軽量ですが
耐久性に少し不安を感じるので選択はドッペルの60Tにしています。

クランク60Tはパンツの裾の引っかかる

多くのレビューや装着者の感想として、
クランクが60Tという大きさで、
ズボンのすそが引っかかりやすい口コミをよく目にしますが

 

管理人「ルートガーデン」は
一度もパンツの裾を巻きつけたことはありません

 

なのでデッメリットは感じていません、繰り返すようですが、
メリットのみといっても過言ではないでしょう。

 

どうしてもデメリットというなら価格ですね、
約10000円近くするので

 

そこが購入する時に躊躇しますが
ノーマルの52Tから60Tの変化は
実体験としてはこれは
いつ買うの今でしょというぐらい
10、000円以上の価値を感じます。

 

仕様は転載で
歯数 60T
重量 865g ※左右クランク部分含む
クランク長 170mm
PCD 242.68mm
対応BB 四角テーパー(JIS)
材質 6061アルミ、CNC加工

 

材質のCNC加工の6061アルミが
綺麗で頑丈美しい仕上げというのは何とも魅力です

DP550のカスタムで使用したパーツ

       
関連記事:更にドッペルギャンガー550の規格外のブルホーンカスタム