歯数40Tから50Tクランク交換アレンジを行う作業

ロードヨットクランク交換

ドッペルギャンガーロードヨット330のノーマルクランク40Tでは
走行性能スピードアップが物足りないので

 

クランクを50Tにバージョンアップ

 

クランクを外す為にボルトを外す

クランク40T→50T
クランクを固定進為にボルトを取らないと外れません
そのカバーをマイナスドライバーなどで取り外し

 

クランク40T→50T
  

 

取り外し専用器具を使用
クランク40T→50T
ネジの山に合わせて
コッタレスクランク専用工具を
差し込みます

 

モンキースパナを利用して
クランク40T→50T
時計と反対方向に回していき外していきます

 

 

クランク40T→50T
ある程度ゆるめると
手で回してもはすれていきます

 

クランク40T→50T

50T取り付け

50T交換するクランクを本体に取り付ける
クランク40T→50T
クランクの接合部分四角テーパーと言われる
接合部分に合わせる

 

ロードヨットの場合は内側のクランクカバーを取り外す
クランク40T→50T
ドッペルギャンガーロードヨットの
フレームが特殊なデザインでかごの機能もあるので
横に膨らんでその分クランクを50T以上する時に
フレームに干渉し取り付けれない為
画像のように内側のカバーを外す

 

クランクを固定する
クランク40T→50T
ここでクランクボトルが必要になり
管理人「ルートガーデン」は六角レンチタイプの
クランク固定ネジが使いやすいと利用しているので
ノーマルはボルト ワッシャ専用器具でないと
取り外し取り付けできないものより
この六角レンチを利用することで
脱着がより簡単になります。

 

クランク40T→50T

 

 

クランク40T→50T

 

クランク40T→50T
 

クランクの重量を測る

ペダルなしのクランク重さ790g

クランク40T→50T
50Tクランクの重さが790グラムはまずまずバランスの良い重さと感じます。

 

内側のクランクカバーは取り外す

クランク40T→50T
ロードヨットに取り付ける為に

    

クランク40T→50T関連ページ

ハブを分解
自転車の駆動力ホイールの回転率を向上させるハブのメンテナンス
ディスクブレーキ分解
ステム角度変える方法
ステムの角度を可動域内で角度を変える方法
クランク軽量
少しでも軽量化するコツは必要最低限の部品のみにするという事
組み立て
フレームからフロントフォークタイヤ取り付け完成品

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先