自転車収納方法に対して住宅事情からの方法

自転車の保管方法

日本の住宅事情で保管方法がいろいろあります。

 

一番理想は盗難、汚れ、傷を防止できる、室内保管。

 

近年の住宅はスタジオという

 

大きいワンルームの様な部屋や

 

玄関の土足スペース、土間的要素が
関連記事:土間スペース

 

自転車3台分置ける様なつくりがあり

 

正直これはかなり贅沢な保管方法である。

 

屋外屋根付きまたはシャッター完備のスペース

 

これも部屋に次いでなかなか贅沢なスペースですが、

 

一般的な4.5〜8畳のワンルームでも

 

建物に完備しているケースはあるので

 

現実的な保管方法ではあります。

 

屋外屋根なし、駐輪場

一番多いケースでしょう。

 

自転車を痛めたくない人にとっては致命的な事ですが、

 

その都度アフターケアすれば問題は軽減できるでしょう。

 

他に保管方法もあるのですが、盗難されにくくするためには

 

鍵は必須で、10万円以上の自転車なら、

 

盗難や紛失対策として自転車の保険を

 

加入することもお勧めします。

 

2台以上所有する場合は

 

保管方法も考えて購入することをお薦めします。

保管方法と住宅事情記事一覧

日本住宅で自転車保管方法

自転車が日常的なアイテムで好きな人は屋内で保管することが多いです。屋内に保管する理由としては雨に濡れない自転車は外で置いておくのが過去は一般的ですが、ある程度価格のする自転車ともなると、錆や汚れをできるだけ避けたくなります。その最も効果的なので玄関置きです。盗難防止自宅の泥棒が入らない限り外での保管...

≫続きを読む

2台保存方法

保管方法 近年の日本の住宅事情を考えて自転車、ミニベロの収納や保管場所はどこにするか、マンションだとマンションの駐輪場、複数台所有したい場合は玄関、ベランダという選択肢がほとんどでしょう。そこで保存の強みになるのが、ミニベロ、小径車、更に強いのは折り畳み自転車はまさに室内保管する為に存在しますこんな感じで玄関...

≫続きを読む

エレベーター

自転車エレベーター乗り入れマンションのミニベロ保管 マンションで室内にミニベロ保管する時特に降高層マンションの場合はエレベーター乗り入れは必須になります勿論各マンション管理の都合で自転車をエレベーター乗り入れはできない場合ありますがそもそもエレベーターに自転車が入るかどうかという問題があります通常の26インチ27インチや700cなど大きいタイヤサイズ...

≫続きを読む


管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先