自転車を保管する方法

屋内で自転車を保管する

自転車が日常的なアイテムで好きな人は屋内で保管することが多いです。
日本住宅で自転車保管方法

 

屋内に保管する理由としては

 

雨に濡れない
自転車は外で置いておくのが過去は一般的ですが、
ある程度価格のする自転車ともなると、
錆や汚れをできるだけ避けたくなります。
その最も効果的なので玄関置きです。

 

 

盗難防止

自宅の泥棒が入らない限り
外での保管と違い盗難はされません。

 

 

カスタム改造、メンテナンスがしやすい

まるで自宅の横にガレージがある感覚でしょうか
趣味が講じて生活の一部になってしまいそうな
いつでも愛車の触れる状態。

 

近年のに日本の住宅事情では
土足のエリアがかなり増え、
自転車も数台おける部屋の作りも多くなりました。
関連記事:土間スペース

 

いつでも眺められる

いつでも手に届くところにあるというのが
安心で楽しい気持ちになれる
屋内に置く最も適した理由でしょう。

 

インテリア感覚に近く
自転車用のハンガーラックもあります
数台持ちで今日はどの自転車でお出かけしようかなど
そんな自転車生活の楽しい毎日と
安心のため自宅保管が増えています。

 

自宅で保管するときの注意
賃貸の場合は壁に穴が開けれません
なので突っ張り型の自転車ラックなど利用できるでしょう。

 

   

日本住宅で自転車保管方法関連ページ

2台保存方法
エレベーター
日本に住んで自転車を複数台所有する時の保管方法やマンションでのエレベーター乗り入れ方法

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先