慎重に選びたい痛くないサドルの種類

分厚い痛くないサドルベロ

管理人「ルートガーデン」はノーマルの自転車に
標準装備しているサドル以外で初めてパーツ購入した
ベロのサドルです。

 

VELOサドル肉厚

 

肉厚のクッション性能が高く

 

 

VELOサドル肉厚
当時はノーマルのサドルを使用して
長時間乗っているとお尻が痛くて
このベロサドルに変えた瞬間、世界が変わりました

 

 

VELOサドル肉厚
ちょっと大袈裟かもしれませんが、本当に楽になったので
あの時の最初の感動があったから
カスタム、改造、パーツ交換の魂が芽生えたのでしょう

 

 

その時の車種はドッペルギャンガーFD20でした
黒い16インチの折り畳み自転車なので、サドルも黒色というのが
マッチングして色合いも整いました。

 

VELOサドル肉厚

 

乗っているうちに管理人「ルートガーデン」ならではのデメリットがあり、
それは雨の日に濡れてしまうと随分と水を含んでしまうことです。

 

クッション性能が高くスポンジが分厚く入っていて、
お尻や股間が痛くないサドルには間違いはありませんが

 

画像を見てもらってもわかると思いますが
サドルの縫い目がしっかりあるので
雨などで濡れた場合、滴り落ちるぐらい水が出ます。

 

まぁ雨の日にわざわざ自転車に乗らなければいい話なんですが
管理人「ルートガーデン」は基本雨の日もレインポンチョを着て
自転車通勤するので、雨の日も自転車をのります。

 

結果色々なサドルを探すこととなる、
初めてのパーツ買いしたある意味思い出に残るベロサドルでした

VELOサドル肉厚関連ページ

セラSMP
デザインの優れ機能も設計されたサドル座り心地もよく蒸れにくい形
TIOGAサドル
特殊ジェルがお尻の痛みを緩和しショックを吸収する
VELO
量産している種類が多いメーカーのサドル
コンフォートサドル
肉厚から幅広と痛くないサドルの種類は豊富
エアーサドル
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
絶対痛くない
お尻が痛くないサドルはあります
長いシートポスト
ミニベロに必須な長いシートポストの使用感
WOODman
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
シートポストシム
シートポストの径穴の大きさが合わないときサイズ調整できます
サスペンションポスト
クッションで痛くないシートポストその効果

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先