おすすめミニベロを選ぶ為の良いポイントとコツ

ミニベロは都市型の自転車

選ぶ為の良いポイント

 

ミニベロは都市に適した自転車でタイヤが小さい分、

 

小回りがききその機能に合わせて
漕ぎだしのスタートが軽く、

 

都市部で多い信号の為
停止する事が頻繁にある都市には、
自転車用語で

 

「ストップ アン ドゴー」

 

止まって走り出す機会がある
自転車スタイルにぴったりな小径車ミニベロです。

 

 

タイヤが比較的小さいサイズの割に
長距離も走ります。

 

その理由はクランクというべダル部分の
ギザギザ歯数大きさが
通常のシティーサイクルと違い
大きく作られているので

 

通常の26インチサイズの
自転車と進行する距離が
ほぼ同等かそれ以上に優れています。

 

 

ミニベロの車種によっては
長距離走る為の自転車
ハンドルが曲がった
ドロップハンドルの
ロードレーサー並みの
機能と性能があり

 

 

一説によると
平坦な舗装された道では

 

最高時速75km

 

出るといわれています。
このコンパクトなのに走る特徴で
その意外性に惹かれるミニベロです。

 

 

 

とはいえたかが自転車ミニベロで
そこまでお金も出せない、
けど良いデザインのミニベロが欲しい場合は
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)という
ブランドメーカーが値段の割に機能の
比較的当たり外れなく初心者に良い一台
当サイトの管理人「ルートガーデン」も
ドッペルギャンガーは複数台所有していました。

 

 

 

ミニベロ選びのポイントは

何を優先順位にするかで
車種が変わりますが
ポイントは4つ

 

 

デザイン

シンプルに色やフレームの形
ハンドルの種類など同じ色でも
形が違えば印象は随分と変わり、
乗り手の第一印象で好みがでます。

 

 

デザインは基本機能に
即したものになっています
初めて買う人にとっては
デザインで機能が分かりづらく
単純に好きな色好きな形
選ぶといいでしょう。

 

 

機能性能

 

デザインにも通じる内容ですが、
乗りやすさは早さに
直結する部分になります。

 

 

タイヤの大小はそこまで関係なく、
むしろ軽さやホイール
ホイールの中心部にある
ハブなどが性能高ければよく走ります

 

 

ポイントホイールの回るは音ですが
いい自転車は走行中に
べダルを漕がずにタイヤだけ回っている時

 

ホイールの回転する音
「ヒュルヒュルヒュル」の様な音が鳴り
これはハブが綺麗に回っている一つの目安になります

 

 

 

タイヤの大きさと重さ

タイヤはミニベロ小径車を選ぶポイントの
醍醐味でしょう小径車でもタイヤが大きいタイプ
逆に小ささにこだわりや前後の大きさが違う
ファニーバイクなどフレームとのバランスによって
好みが激しく出ます

 

 

 

ミニベロ入門のタイヤサイズとしては
20インチの406というサイズを選ぶと
普及している台数も一番多く
種類が多いので良い自転車ミニベロと
出会う確率が高くなります。

 

 

価格

購入する際には最も気にするのが値段です。
勿論安い事にこしたことはありませんが
良い自転車のパーツというのは

 

軽くて、強度があり

 

更に便利なものあり、
必然的に値段は高くなっていくので
どこを境目にするか見極めと
少しの予備知知識は必要になります。
初めてのミニベロ購入価格の目安は3万円〜4万円
ここあたりは大きな外れが少ない価格帯ともいえます。

選ぶ為の良いポイント関連ページ

初めて選ぶのコツ
初めての自転車購入するときには何を基準に選べばいいか
自転車購入方法
購入するポイントは重量、部品の精度、デザインバランス良く選ぶ
自転車何台持つつもり
自転車好きにはつい複数台持ってしまう癖があります
走行時速の速度
どれぐらいのスピードまで出るか自転車の可能性
選ぶ基準の提案
ミニベロ自転車最初はどう選べば良いかのコツをまとめました
スポーツ車姿勢
小径車の中でもスポーツミニベロといわれる自転車の形は
自転車の重さ
ミニベロはデザインと機能性を兼ね備えた小径自転車
置く場所ありません
複数台同時持ちをしてしまった管理人「ルートガーデン」

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先