お尻が痛くないサドル選びは2点の秘密の特徴ある

コンフォートサドルの本当の選び方

コンフォートサドルの種類比較

 

コンフォートは快適いうイメージでとらえられ
レース用の堅いサドルではなくイ
どちらかというと、街乗り中心の
シティーライド向けのサドルになります。
快適さを重視したサドルになるので

 

コンフォートサドル

 

コンフォートサドル

 

 

特徴として

 

縦に厚みがある

コンフォートサドル

 

横に幅広い

コンフォートサドル

 

2点の条件が強くなります。

 

そしてこの2つの中

 

縦に厚みがあるほうが落ち着いてお尻が痛くないように感じますますが

 

実は幅が広いほうがお尻が痛くありません。

 

その理由としては接地面が関係しています。

 

どんなにクッションが強くても、接地面が少なくなればなるほど
面から点に集中するために、体重がかかる負担が大きくなります

 

そう考えると多少サドルが硬くても、接触箇所が大きいほど
力が分散されるので管理人「ルート」も実際に写真のサドルを利用したときに

 

コンフォートサドル

 

薄いほうが添わり心地が良かったのです、ここで誤解のないように
厚みのあるサドルももちろん痛くはありません。
あくまで比較したときの結果論が薄めでも幅広いサドルが有力でした。

 

 

コンフォートサドル関連ページ

セラSMP
デザインの優れ機能も設計されたサドル座り心地もよく蒸れにくい形
TIOGAサドル
特殊ジェルがお尻の痛みを緩和しショックを吸収する
VELO
量産している種類が多いメーカーのサドル
エアーサドル
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
VELOサドル肉厚
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
絶対痛くない
お尻が痛くないサドルはあります
長いシートポスト
ミニベロに必須な長いシートポストの使用感
WOODman
一か所カスタムするだけで全体の自転車機能は向上します。
シートポストシム
シートポストの径穴の大きさが合わないときサイズ調整できます
サスペンションポスト
クッションで痛くないシートポストその効果

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先