ドロップハンドル分解の仕方デユアルコントロールブレーキレバーの場合

まずはバーテープからはずす

ドロップハンドルを分解してみる
バーテープを外してみると、わかることがあります。
ブレーキワイヤーを収納するための溝が凹んでいます。
これにブレーキワイヤーを収めたままバーテープを巻くと
握った時にしっくりきます。
収まりよくしてハンドル操作に支障をきたさないようにしています。

 

ドロップを分解 ドロップを分解

 

ドロップを分解
ドロップを分解

デュアルコントロールレバー

デュアルコントロールレバーと専門用語ですが、

 

ドロップハンドルのブレーキ、ギアを換える機能のパーツです。

 

実はドロップ経験の少ない管理人「ルートガーデン」は

 

最初はどのようについているのか疑問だらけでした。

 

バーテープを取り外すと、固定器具が見えます、

 

これは六角レンチを使いナットを緩めはずします。

 

ドロップを分解

 

 

ドロップを分解 ドロップを分解

 

 

バーテープを外してブレーキパーツの外し方ですが

 

ます固定器具外さないといけません。

 

どこにネジがあるのか

 

初めての人はわかりにくいとおもいます

 

まず六角レンチを使用するので準備してください。

 

ドロップを分解 ドロップを分解

 

ドロップハンドル独特のブレーキパーツですが

 

ゴム部分をめくり、よくにると六角レンチをさしこむ箇所があるので

 

 

ドロップを分解 ドロップを分解
そこをめがけて六角レンチを差し込み

 

ネジを回そていきます。

 

7、8かいまわすと緩むので、

 

ハンドルから傷つかないように移動していきます。

 

あとはスライドするだけで取り外せるます。
ドロップを分解 ドロップを分解

 

ドロップを分解

 

ドロップを分解 

 

ドロップを分解

ドロップを分解関連ページ

リラックスハンドル
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
ドロップハンドル
ドロップハンドルは多機能ハンドルポジションで操作性が変わる
ブルホーンの強引なカスタム
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
ドロップハンドルの取付
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
アウターワイヤー
重要な役割なのに、見落としがちなアウターブレーキ
フロンディングハンドル
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先