フラットバーからブルホーンバーの低予算カスタム

ブルホーンバーはカッコイイ

ある程度自転車に乗りなれてくると、
ハンドルポジションが気になりはじめ
より前傾姿勢になるようにしたくなります。

 

そんな時にデザイン、ファッション、機能的にも
良いハンドルのカスタムがあります。
管理人「ルートガーデン」は
パワーツールズ SHORT BULLHORN BAR 3 400mm幅 レッド(801-041)
使用しています

ブルホーンバーの取り付けた状態

ブルホーンバーにカスタムする時、
本来ブルホーン用のブレーキレバーも必要になってきます。

 

ですがここで紹介するのは、低予算工夫
ブルホーンをやり方次第で可能な方法を紹介します。

 

 

まずはっきり言います強引な取り付け方法です。
取り付けの条件の安全は
自己責任が必要になりますのでご注意を。

 

 

このケースはドッペルギャンがーの

FD20折り畳み自転車をブルホーンハンドルに変更

ブルホーン強引な改造

 

まずはノーマルのハンドルを全て分解します。
幸いFD20のブレーキ付け根の径、
取り付け部分はは少し柔らかめの素材だったので、

 

本来のフラットバーの径と
ブルホーンの径の違いはあるものの、
強引に伸ばして取り付けし
ブレーキワイアーも写真の通りです
ブルホーン強引な改造

 

ブルホーン専用の エアロブレーキレバー キャリパー用ではなく、
写真の様なブレーキワイヤーをパイプの中に通して
下の開いている穴からワイヤー出してキャリパブレーキをつなげます。

 

この方法の難点は雨が降った時に
このハンドルの穴から雨水が入るので、
排水をしっかりしないとサビの原因にもなります。

 

この低予算のカスタム方法では
ブレーキ性能はフラットハンドルの時とそんなに変わりません。
ブルホーン用のブレーキレバーを使用すると
ブレーキ性能は格段に上がります

 

ブルホーン強引な改造
その時に気になるのがギアのチェンジ方法ですが、
FD20はグリップギアだったので
ブルホーンはどうあがいても通せませんでした。

 

なので写真の様な強引なつけ方をして、
丁度ハンドルの付け根あたりにライト用の固定器具に
ハンドルの切れ端を取り付けその切れ端にギアをのせる
通常より扱いにくいですが、ブルホーンのデザインが
好きな管理人「ルートガーデン」はこのカスタムをしました。

 

ブルホーン強引な改造

 

これは三宮の東急ハンズ地下にあった自転車売り場で
展示したあったホワイトミグノンのブルホーンカスタム
強烈な印象を残っていてそれの再現を自分で各車種に
挑戦したカスタムシリーズです。

 

この後は6台目の購入したgios migunonブルホーン化にしました。

アマゾンでの自転車パーツリスト


  
 

ブルホーン強引な改造関連ページ

リラックスハンドル
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
ドロップハンドル
ドロップハンドルは多機能ハンドルポジションで操作性が変わる
ドロップを分解
代表的ハンドル、その構造と仕組みを分解する
ドロップハンドルの取付
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
アウターワイヤー
重要な役割なのに、見落としがちなアウターブレーキ
フロンディングハンドル
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先