ハンドル、ステム、グリップ、ブレーキ自転車操作パーツ

ドロップハンドルの取り付け

ドロップハンドルを取り付けるときポイントは
ブレーキワイヤのガイドと、ブレーキ位置になります。
ステムにつけてから、ブレーキパーツをつけるか
ブレーキバーツをつけてからステム本体につけるか
好みによりますが管理人「ルート」は先にある程度取り付けてから
本体に合わせます。

 

ドロップハンドルの取付

 

今回は試しでエアロハンドルもつけてみようと思います。
ドロップハンドルにエアロは少しバランス悪そうですが
物は試しですね。

 

ドロップハンドルの取付

 

 

その前にドロップハンドル本体を完成させなければいけません。

 

ドロップハンドルの取付

 

 

ではブレーキを通すところから、このドロップ用のブレーキは
独特の固定の仕方で、知りたい方はドロップを分解というページ参考にしてください。

 

ドロップハンドルの取付
最初はパイプにハメにくいのですが

 

ドロップハンドルの取付
少しでもはいりだすと面白いくらいにスイスイ
入っていきます。

 

ドロップハンドルの取付

 

 

ドロップハンドルの取付

 

 

ドロップハンドルの取付

 

 

ドロップハンドルの取付

 

 

リボンバーをまく前にブレーキのワイヤーを収納できるように
ガイド(溝)にああわせておく
ドロップハンドルの取付

 

 

ドロップハンドルの取付

 

 

仮止めでテープなど利用するもの一つの手段でしょう
ドロップハンドルの取付

 

ドロップハンドルの取付

 

ドロップハンドルの取付

 

管理人「ルート」はどうもドロップハンドルが
あまり好きではありませんが、
このアナトミックシャローはブルホーンの感覚に近くて
リーチが短く、下ハン部分
ブラケット取り付け位置から急激に曲がっており
ドロップハンドルというより2つのポジションをとれる
ブルホーンハンドルのような感覚で見た目もドロップハンドルぽくないのも特徴

 

ドロップハンドルの取付関連ページ

リラックスハンドル
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
ドロップハンドル
ドロップハンドルは多機能ハンドルポジションで操作性が変わる
ドロップを分解
代表的ハンドル、その構造と仕組みを分解する
ブルホーンの強引なカスタム
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる
アウターワイヤー
重要な役割なのに、見落としがちなアウターブレーキ
フロンディングハンドル
ハンドルポジションで機能とデザインも変わる

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先