規格外のエルゴングリップとブルホーンカスタムの裏技方法

とても荒業で規格外のブルホーンとエルゴングリップカスタム方法

その発想はブルホーンをより持ちやすく、
しかも手持ちのパーツで
何とかできないかという気持ちから生まれました
デザインは少し野暮ったく見えるかもしれません。

 

 

カスタムした車種はドッペルギャンガー550、
最初はフラットハンドルからです

 

まずもともとのタイプを取り外し、ブルホーンを起用することで

 

リーチ位置が長くなるのでステム自身を短くします。

 

ということで短いタイプのステムにブルホーン。

 

規格外のブルホーンカスタム

 

 

 

手を置くポジション位置を広く使いたいので
ブルホーンやドロップハンドルによく見られる
バーテープですが、管理人「ルートガーデン」は
通常のラバーグリップのロングをカーブ部分に
ここが規格外のエルゴングリップの組み合わせ
どう取り付けるか最初は少し悩みました

 

規格外のブルホーンカスタム

 

更にそのあと肝心のブレーキですが
通常のパーツをブルホーンに利用するときに
写真のように左右上下逆にブレーキ位置に設置

 

規格外のブルホーンカスタム

 

 

そしてエルゴングリップの長さが足りないが
ロックオングリップ締める位置が端にあるおかげで

 

 

規格外のブルホーンカスタム

 

ブルホーンバーにあわせて、後に4mm六角レンチで強く締め完成

 

規格外のブルホーンカスタム

その後の付け足し版として、前の端がないため
水が入るのと、先にベルなど取り付けようという予定
規格外のブルホーンカスタム

 

規格外のブルホーンカスタム

 

規格外のブルホーンカスタム 規格外のブルホーンカスタム

 

規格外のブルホーンカスタム 規格外のブルホーンカスタム

 

規格外のブルホーンカスタム 規格外のブルホーンカスタム

 

ハンドルを短く切って残ったハンドル端を再利用したものです。
余ったパーツをどう合わせるかでまた便利な使い方もできます。

規格外のブルホーンカスタム関連ページ

パーツの組み合わせ
プロムナードハンドルDP330
ハンドル周りの改造は視覚的にも一番実感できる改造箇所
マルチハンドル取付
ハンドル周りの改造は一番実感できる改造箇所

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先