タイヤのチューブにも太さがあります適合するサイズをつける

タイヤの太さが違えば勿論チューブの太さも変わっていきます

 

通常20インチなら1.5〜1.75の
太さのチューブが一般的に流通しているので
一番普及しています。

 

なのでバルブも英式、米式、仏式と全3種類もあります

 

 

チューブの太さ

 

 

チューブの太さ

 

カスタマイズ知識がついてくくると
タイヤの太さもこだわり出すので
最初は早く求めるため
1.10や1.25の細いタイプに変えていきます
勿論チューブもそれに合わせて
1.10〜1.50用のタイプに合わせていきます

 

今回クレイジーボブのように
1.85と太いタイプに合わせると
チューブも1.75〜2.50対応の
チューブに合わせるようにしていきます。

 

そんな違いはないでしょうと思いますが
やっぱり並べてみると違いはよくわかります。

 

チューブの太さ

 

このサイズに合わせておかないと
細いタイヤに太いチューブを使用すると
たるみが出て、使用はできても
実際の性能より劣ります。

 

そしてたるみがある分
シワができるのでねじれや折シワができ
パンクの確率も高くなります。

 

チューブの太さ

 

逆に
大きいタイヤに小さいチューブをはめると
膨らみが足らなくなり
空気圧で伸ばすことは可能と思いますが、
既定のサイズより膨らむという事は
その分ゴムが伸びて薄くなり、
という事はゴムの強度が弱くなり
段差の時に切れる可能性も高くなります。

 

 

 

チューブの太さ
画像の様に太さの違いは一目瞭然で
タイヤの太さに合わせてチューブも
適合サイズを取り付ける事はお勧めします
というか必須だと思いますね。

 

アクセサリーは多少違えど問題はありませんが
走行性能に直結する、パーツといわれる部分は
安全の為にしっかり適合するもの使用しないと

 

ケガや事故のもとになるのと自己責任にもなり
パーツカスタムやドレスアップはパーツ購入を
ケチってはいけません。

 

チューブの太さ

 

フレンチバルブ仏式の細い〜太いタイプ

  

英式バルブ

  なぜか細いタイプはありません。

アメリカンバルブ 米式

  

チューブの太さ関連ページ

タイヤの幅
タイヤの表記20×1.50の見方とその理解方法
タイヤサイズ違い
実際に横並びで並べるとサイズの違いが歴然と分かる。
16インチタイヤ
16インチのタイヤもいろいろ
18インチ1.25
18インチの1.25のタイヤ主にBD1に利用されるケースが多い
雨天マラソンレーサー
雨の日の環境でタイヤの変化を検証
シュワルベ (ブランド)
タイヤもいろいろあり
クレイジーボブ20inch1.85
少し太めのタイヤBMX用クレイジーボブ
クレイジーボブ装着
クレイジーボブ装着イメージの画像
パナレーサーBMXフリースタイル用
白いタイヤを取り付けると自転車本体の印象も大幅に変わります。
赤いタイヤ
カラータイヤの印象はガラリと変わる
マラソンの種類
シュワルベのマラソンとマラソンレーサーの違い
ケンダ16インチ
16インチのケンダタイヤ
米式バルブ
車と同じ空気圧のバルブ耐久性は高い
仏式から英式の変換バルブ
空気入れの規格形式を変換するアクセサリー的パーツ
仏式バルブ
フレンチバルブの空気の入れ方に少しコツがあります
リムテープ
タイヤもいろいろあり
18インチ1.65
マラソンレサー18×1.65の特殊なサイズ
GPC-94820x1.1/8BR
20インチ451規格タイヤブラウンGPC-94820x1.1/8BR
エンド幅変換
タイヤ取り付けるエンド幅74mmから100mm

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先