自転車の荷台

自転車の荷台の存在位置としては
本来は不要な存在ではあり

 

ですが近年サイクスシェアーや
ウーバーイーツなどの配達で
仕事の為に使ったり
コロナによる三蜜を避ける為の
自転車通勤の頻度もあがったり

 

広いシーンで利用されるようななった
自転車に合わせて必要になるのが
荷台キャリアの存在になります
通常のキャリアの付け方から

シートリアキャリア変則的な取付

キャリア自転車荷台の存在位置づけ

本来キャリアは自転車に取り付ず
自転車本体のみで走行が好ましいのですが
都市で通勤や通学で利用する場合
キャリアは便利なアイテムという存在

シートキャリア

沢山あるキャリアの中でも
簡易的に取付ができ
ある程度の荷物も乗せる事ができ
自転車の重量も増えず
機能とデザイン性も兼ね備えた
サイクルアクセサリー

 

 

メーカーによって様々で
シート取付部分簡易式な脱着
ネジで留めるものがあり
積載重量は
3キロから6キロぐらいが主流

 

ギザリアキャリア変則取付

GIZAリアキャリア自体に
変則的な取り付け方の紹介です

 

メーカ推奨正規取り付けではなく
自転車フレーム本体に取付ます
キャリア自体に傷がつく恐れあり
自己責任でお願いし
その前置きの内容を踏まえて
参考にしてみてください

 

変則的な取り付け方のいきさつは
キャリアは本来シートポストに
付けるのですが
ミニベロは小径車の為
タイヤとリアキャリアの間が
見た目が間延びします

 

視覚的な間延びを解消できないかと
辿り着いた結果が

 

フレームにシートキャリアを設置

キャリア荷台 
全体像だと少し不鮮明なので

 

フレームのシートポスト部分に取付

キャリア荷台 
フレームに取り付けると強度は高い

フレーム本体位置を変えてリアキャリア移動

キャリア荷台 

 

 

キャリア荷台
写真のような取り付け方をしたところ
ミニベロにスッキリGIZA ギザ キャリアーが取り付け

 

 

キャリアとしての機能も維持しながら、
多少の泥除けにもなり2役の効果が期待

 

唯一難点が最初に述べた
本体の取り付け箇所に
傷がつきやすいという事

 

利便性と見た目の
バランスがいいので
本体に取り付けていみました

 

シートリアキャリアから
フレームリアキャリアになっている
カスタム方法

 

ロードタイプの自転車にもキャリアをつけたい

実際の700ccなどおロードレーサーや
ミニベロでもロードレーサータイプで
やっぱりキャリアが欲しいという方に
おすすめのキャリア取り付け方法を案内します

 

 

まずキャリアの大きさのバランスを考える
通常のリアキャリアをつけると
タイヤからキャリア(荷台)が
飛び出てバランスが悪く感じます

 

ですがB5サイズぐらいの
小さいサイズ鞄や
ノートPC11.6インチなど
小さくもなく大きくもない
中途半端な大きさの荷物を
乗せるようにしたい

 

服装はサイクルウェアーではなく
通常の私服でカジュアルな
スタイルでミニベロを乗り
カバンは体身に着けたくない
担ぎたくない時のカスタムはお勧め

 

キャリア荷台 
通常はフロントのカンチブレーキや
泥除けなどに使用するタボ(穴)と
Vブレーキのネジの3点固定する
前カゴです

 

 

ミニベロはジオスのミグノンで応用利用
ミグノンはVブレーキではないので
カンチブレーキの中央穴しかありません
ではその残り2点はどうしたかというと

カスタムのポイント特徴

あるパーツは基本は配線の固定で
利用するのですがダボ穴と作り
ミグノンに取り付ける事が可能

実際の取付は画像は
gios MIGNON 改造のページ
リアのフレームに直接固定して
三角を固定ポイントを作り
重さに耐えれるように取付

リカンベントの後部座席リアキャリアー変則的

通常の2輪車なら道路交通法違反ですが
コケる心配のないトライク3輪車なら
適応範囲かなという事で取り付けてみました
キャリア荷台

 

 

 

リアキャリアと座席は別々のものになり
一つ一つ取り付けていきます

 

キャリア荷台
まずは背もたれパーツを取り付けることからはじめます

 

キャリア荷台
背もたれの設置からするので
逆さまにしてナットで止めていきます
キャリア荷台
テーブルの端を利用するなどして固定すれば
背もたれ固定しやすくなります
Mollytek 自転車後部座席 クッション 自転車シート

 

 

 

重さ180キロ耐久出来ると商品表記のあったリアキャリア
キャリア荷台
固定箇所が片側3点計6点とシートポスト7点固定ですが
今回はリカンベントなので6点固定で取り付けます

 

 

リカンベントトライク
このキャリアを取り付ける前の状態

 

キャリア荷台
あくまでシートポストを軸にした内容なので
トライクのシートを支えている接合フレームに
シートポストを固定していきます
COMINGFITR 超頑丈な自転車キャリアラック、

 

メーカ規格の使用方法ではない
キャリア荷台
正規の取り付け方法からすると
シートポストに取付
強化の為に三角のリアフレームに固定します

 

 

 

今回はトライクにつけるので
変則的な固定方法なので正確な三角形を作らないと
しっかりと固定されたリアキャリアにはなりません

 

キャリア荷台
二つの三角形が構成されているのはお分かりになるでしょうか
三角形をうまく組み合わせると強度が増します

 

 

キャリア荷台

 

 

キャリア荷台

 

 

 

キャリア荷台

 

【DIY】作る完全オリジナル自転車キャリア

オリジナルキャリアを
装着するミニベロは
ドッペルギャンガーFD20
タイヤ16インチで完成図
キャリア荷台
なぜこのような経緯に至った
16インチでスッキリサイズの
荷台自体の商品を
販売しているのがかなり少く
DIY手作りのリアキャリアを作れば
最初につたえておくと
既製品より値段が高くつきます

キャリア組み立て必要パーツ

キャリア荷台
コーナンやあ島忠ホームズの
ホームセンターなどでネジコーナーにある
扉などに取り付ける工具

 

キャリア荷台

 

 

角度がついた留め具
キャリア荷台

 

 

キャリア荷台

90度角の工具

キャリア荷台

自転車のキャリアの付属品

キャリア荷台
センターのタボに固定する為の金具
これは自転車部品を流用

 

 

ネジの種類は大体M5サイズ10mm15mm

キャリア荷台
ほとんどのネジのサイズは
円の直径は5mm
キャリア荷台
長さは10mmと15mmを中心に
接合部を組み立て固定に使用し
自転車本体の接合は
30mmから45mmを利用
キャリア荷台
色々それぞれの固定器具の
ナットを長さも様々ですが
基礎組みとなる
支柱に合わせてナットのかまし
広いものをに選ぶ

 

自作キャリアの作成はじめ

キャリア荷台

フレームのダボ穴に基軸のセンター部品

キャリア荷台
軸になるセンターの固定器具

 

角度のついた部品サイド取付

キャリア荷台
タイヤの側面のナット部分に
土台となる黒い金具を取り付け

 

M5(5ミリ)の穴に固定

キャリア荷台
ドッペルギャンガーはM5サイズでしたが
多くのフレームのダボはM6(6ミリ)

 

 

両端の土台をつなぐ部品90度角

キャリア荷台
なんとなく荷台を支える土台ができる
家で例えるなら大黒柱と梁の感性

自家製自転車キャリアの土台横視点

キャリア荷台
90度角のパーツで突起があり
この突起が完成すると絶妙な役割を果す
キャリア荷台

 

背景を白にして接合部分を確認

キャリア荷台
大黒柱だけで色々重さに
耐えれるか確認し次に家でいう
梁のような屋根を支える役割パーツを作り

 

タイヤのセンター部分に梁ハーツ固定

キャリア荷台

 

土台と梁部を固定
キャリア荷台

 

穴が複数ある部品を起用する訳

キャリア荷台
部品一つ一つ取り付けていくと
見えてくるのですステンレス板に
複数の等間隔のピッチで穴が開いていると
接合する時に便利で組み立てやすい

 

縦軸にステンレス板棒3本

キャリア荷台

 

土台板棒以外に固定用2本

キャリア荷台

自家製自転車キャリア完成図

全体の16インチのバランスで
シートポストで固定しないリアキャリア
タイヤに近いバランスの良い位置に
こだわった結果完成図
キャリア荷台
自家製で作成しましたが
5kgぐらいの鞄でも大丈夫
接合しているので
通常のキャリアーに比べると
安定感は少ないと思います

 

 

自家製自転車キャリア完成図後ろアングル

キャリア荷台

自家製自転車キャリア完成図横アングル

キャリア荷台

 

 

使用している部品のイメージです
寸法もあるので
実際のホームセンターで確認して
設計図が必要になります
購入は充分に計算し注意して
作成が必要になります