自転車乗るときに重要なアイテムグローブ

自転車に乗るときに絶対必要でないにしろ、あればかなり便利で安全で楽なアイテム
それがグローブ(手袋)になります。

 

 

 

グローブ 春夏

 

グローブ 春夏
まず安全面でいうと
万が一何かの拍子でこけたとします、その時人間は受け身を手の甲でとることが多く
手袋がないと擦り傷や打ち身がかなりひどくなります、管理人「ルートガーデン」も以前それで
手のひらを擦り傷してしまい、手を洗うのがしみるぐらいなってしまいました。
自転車用のブローブはその点では手のひらにクッションやスポンジ効果があるので
こけたときに手のひらで受けてもクッション効果が出やすいです。

 

次にはロングライドのポジション疲労度の緩和です
サドルなどもそうなんですが、リカンベントなどの乗車姿勢は別として
通常の自転車を乗る場合接箇所はハンドルの手首、サドルの股、べダルの足の3点で
体を支えることになります。

 

その1か所が手首なんですが、グリップの交換することでクッションも出ますが、
手袋と合わせるとその効果が3倍4倍にもなります
その支える効果に合わせて春、夏と温かい季節だとしても、風に当たり続けるので
防寒、手の冷えや紫外線UV日焼け対策も出るところが機能も期待。

 

 

あとは装飾面最初はこのファッション性やなんだか自転車に乗リこなしている気分にもなれますね。
後は楽しむところはカラーやデザイン、モチーフなど色々選ぶ楽しさで、指切りグローブの脱着で楽なのは
指先に引っ張れるように紐が付いているタイプも選ぶポイントとして取り入れるとよいです。