自転車ファッションのパンツスタイルを機能的にかっこよくはく方法

ボトムの重ね着サイクルコーデ

ボトムのインナースパッツについて悩みます。
ピタピタで自転車に乗っているときは良いんですが
休憩で飲食店やカフェでお店に入るとき妙な違和感を感じます。

 

けど機能的にはサイクルジャージは専門的な服なので使用はしたいものです。
そこで街乗りベースで考えて重ね着をすることをお勧めします。

 

季節によって冬は長いロング丈に7分丈のパンツに靴はハイカットのスニーカーで
トップスはウインドブレーカタイプでそろえれば充分なコーディネイトになるのかなと

 

自転車に乗るときに機能を重視するか、ファッションを重視するかによって服装が変わります
このサイトで管理人「ルート」は
機能を60%ファッション40%というイメージで自転車の服装を選んでいて
サイクルジャージ、スパッツ、パットなどは特に特徴がないスタンダードを選び
重ね着の時にポイントを置きます。
だからと言ってボトムは特に分厚い記事や大き目のデザインだと
漕ぐ動作にもたつきやすいので程よいゆとりのあるサイズで
ジャージが化繊の素材が中心なので重ね着は天然素材主にコットンを選びたい

 

サイクルタイツが5cm〜8cmは裾からのぞくように丈も調整して
例えばジャージがひざ下まであるなら、重ね着はひざ丁度かひざ上丈に合わせるなどして
丈の調整したいものです。

 

そして靴下と靴の丈も意識したいですね。

   

ボトムパンツコーデ関連ページ

カラーで選ぶイエロー
ヘルメットデザイン
自転車の安全の為に必要なヘルメットこれも私服に合うようなものが欲しい
紫外線対策のサングラス
7分丈の法則

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先