スポークテンション締めるだけでも改善します

スポークテンション

ホイールのフレやゆがみの修正方法に関して
スポークテンションを利用するとある程度
フレやゆがみはなくなります。

 

スポークスポーク

 

結果論を言うと大きな振れは修正できません

 

ミニベロ好きの管理人「ルート」は
以前ルイガノTR−1(700c)(27インチ)の自転車に乗っていたころ

 

前輪ロックしていまい、後輪が浮かんで転倒しました。

 

その時に後輪のホイールがゆがみフレがおこりました。

 

そこまで大きくフレてしまうとスポークテンションではどうすることもできませんが

 

ミニベロは径が小さい分フレる確率は低くなりますが

 

それでも日々の走行、段差や悪路でちょっとちょっと振れがはじまります。

 

そのフレ具合が日常でわかるのは、Vブレーキを使用してあるとき

 

ブレーキレバーを引いてないのに、ブレーキがかかっているな〜と感じます。

 

 

 

ホイールを回してみるとタイヤが歪んでいる?

 

いやよく見るとホイールが微妙に歪んでいるなと

 

そんなときにこのスポークテンションの出番になります。

 

これはスポークテンションを図る道具がある方がいいですし、

 

最初は失敗を覚悟でしないとという具合に調整が難しいです。

 

ひとまずこのページでは使用イメージとして画像を掲載します。

 

 

スポーク

 

スポーク

   

スポーク関連ページ

折り畳みのメンテ
メンテナンスした方が良い部分
ネジの材質
素材をステンレス製にするだけでメンテナンスは楽になる
ネジが固着したら
錆びなどでネジが動かなくなってしまったときの対処
フレーム清掃
シフトワイヤーの交換
メンテナンスした方が良い部分
やぐらの簡単な取付
シートポストとサドルを取り付ける時にやぐらという割れる部分の取り付けが難しく感じます
18インチタイヤ交換
タイヤ交換最後のところが結構きつめその時はプラのタイヤレバー

管理人自己紹介 本サイトについて 問い合わせ先